· 

どての品川|串カツをソースにイン?どて鍋にイン!【愛知・名古屋グルメ】

名古屋市瑞穂区の住宅街に平成の香りを通り越したレトロな空間が・・・!?

 

歩道に面したオープンスペースで調理された美味しそうな匂いの誘惑は強烈。

 

この空気感にテンション↑↑せざるを得ない!

 

どての品川

串カツ・どて焼きなどを頂けるレトロ空間「どての品川」です。

 

 

駐車場

近隣のコインパーキングを利用することになります。料金相場としてはリパークで60分200円、1日500円程度。少し歩きますがカインズ名古屋堀田店なら利用すれば2時間まで駐車無料です。

 

 

メニュー

2020年現在は各10円ずつ値上げしていますが1本100円~とリーズナブル。ドリンクは「ビール・酎ハイ・ソフトドリンクなど」が揃いますがコーラはペプシです。

 

 

オススメは立席

店内で座って食べるか?歩道の立食カウンターで食べるか?

 

暖かい季節の夜は立食オープンテラスで食べるのが気持ちいい!カウンターのあいているスペースを見つけてお邪魔します。

 

立席ではセルフ

左が醤油味の「とんやき」、右側が味噌味の「どてやき」で中には「豚もつ・こんにゃく・レバー」の串。やきとなっていますが焼かずに煮ています。

 

これを自分で好きに取って食べていいのです。なにそれ楽しい。まずはとんやき(醬油豚モツ)と豚肉の串カツ頂きます。

 

串カツはカウンターにあるソース皿につけて食べる(2度づけ禁止)!

もしくは醬油か味噌の鍋の中につっこむ!

 

これができるのも立席の魅力!好きなタイミングで取って好きな味付けで満足するまで食べる。この自由さと開放感が楽しい。

 

 

くどすぎない味噌と旨甘辛醬油

味噌鍋は赤味噌ですがそこまで癖が強くない。愛知の赤味噌は癖が強すぎて得意ではないのですがここのは美味しい。揚げたての串カツとも合います。

 

醬油味はもっと好き。なんとも言えない濃厚な甘辛さ、これで丼を作ったら美味しそうだが米はない!

 

「醬油2:味噌1」の割合で食べて時々キャベツがベストかな?テーブルのソースの存在は忘れても問題ないほどです。

 

塩焼きも食べたい!が、注文が立て込んでてかなり時間がかかるとのことで断念。さらに3本以上からなので食べ始めに注文しておけば良かったのですね。

 

最後に串の数を数えてもらってお会計っと。

 

 

いろんな意味で味わい深いこのお店が堪らないっ!欠点は人気があるゆえに混むところですね。休日は早めに行ったほうがいいですよ!

 

どての品川

住所

愛知県名古屋市瑞穂区下坂町1-23

営業時間

17:30~21:00

定休日

日曜日

駐車場

近隣のコインパーキング利用
関連記事
最新の記事
室蘭水族館|子供が喜ぶのは水族館か?遊園地か?【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

松本城|美しい現存12天守の昼の顔と夜の顔【長野観光スポット】
>> 続きを読む

奈良井宿|日本最大の宿場町は圧倒的風情の町並み【長野観光スポット】
>> 続きを読む

飛騨古川|白壁土蔵の町並みをコンパクト観光【岐阜観光スポット】
>> 続きを読む

バイクにリモコン式セキュリティアラームを装着してみた
>> 続きを読む



今回のグルメ以外にもおすすめグルメはたくさん!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。