熊野古道の神倉神社【おすすめスポット紹介】

 熊野ではいわゆる熊野三山と呼ばれる熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の三社が有名ですがすごい神社が他にもあるのです。

それが熊野速玉大社の摂社である神倉神社。

ここは熊野大神が熊野三山として祀られる以前に一番最初に降臨された聖地だそうで、世界遺産の一部となっています。

 何がすごいって簡単に言えば山を登ったところにある社!!

 

 

 

の横にある御神体である巨大な岩。

  

 

ゴトビキ岩と呼ばれるこの岩はボールの下半分のような形をしていて

「どうやってこんな山の上に??地震きたら倒れて落ちそう」というような状態で社の横に鎮座しております。

 

今回はこのパワースポット感あふれる神倉神社のご紹介。

神倉神社は新宮駅・熊野速玉大社からともに約1km、徒歩15分といったところにあります。

社務所などはないので御朱印などを希望の方は速玉大社で申し出てください。

 

神倉神社

【参拝時間】 自由

【駐車場】  無料(5台分ほど)


 

神倉神社は神倉山の上にあります。

なので徒歩で538段の石段を登って行かなければならないのですが

 

 

 

 

急!!

 

 

そして・・・

 

 

石段の縦幅が狭いっ!!

 

普通にかかとがはみ出ます。

場所によっては石段に手をついたり、狭すぎて足を横に向けて登るような場面も。

しかしご覧の通りご老人(我が母)でもリュック背負ながら登っております!

みなさんも安心して登りを楽しんで下さい。

 

階段が急なのは主に前半部で後半部は比較的緩めになります。

つまり前半を乗り切れば勝ち!!

そんな感じで10分少々登ると神倉神社の社に到着。

 

 

ご覧の通り人間と比べると巨大な岩であることがおわかりでしょう?

正直、見るという点だけでいうならば本社である速玉大社より見応えがあると思いますよ。

ここからは新宮の街並みの一望できますしね!

 

熊野詣をされる際は熊野三山だけではなく神倉神社にも是非寄ってみてください。

なかなか楽しい体験ができると思いますよー!

 

 

なお、毎年2月6日には御燈祭(おとうまつり)という火祭りが行われ、松明を持った男衆が社から一気にこの急階段を駆け下りるという行事が執り行われているそうです。

その松明を持って駆け下りる男衆の群れが火の滝に見えるほどの迫力だとか。

僕も一度生で見てみたいとは思っているのですよー。

 

ただ・・・別名けんか祭りとも言われるらしくガチ喧嘩が当たり前らしいんですよねぇ。

警察の機動隊と衝突したり・・・・。

そういうのを見ると折角の祭りの高揚感が興ざめしてしまうので早いところ改善されるのを願うばかりです。