· 

盛岡さんさ踊りを楽しむためのコツ

2019年のさんさ踊りが 8/1(木) に開幕します!

そこで今回はさんさ踊りを効率的に楽しむための経験談を書いてみようと思います。

 

東北各県を代表する六祭の中で最も早く開幕するのが盛岡さんさ踊り。

個人的には六祭の中でTOP3に入る面白さだと思うのです、けれど・・・

 

一般的に東北三大祭りとは?

「青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり」

 

東北四大祭りとは?

「上記三大祭り+山形花笠まつり」

 

さんさ踊りは四大祭りの中にも入っていない!

そんなバカなっ!!

 

 

さんさ踊りってどんなお祭り?という方は論より動画!

2018年に行ってきたこちらの動画をどうぞ!

 



 

 

さんさ踊りのポイント 

 

1:開催日時

 

8月1日~8月4日までの4日間

時間は全日18:00~21:00

 

 

2:会場

 

盛岡市中央通(県庁前 → 中央通二丁目)、下記地図の青点がパレードコース。

県庁前を出発し、踊りながら中央通り二丁目までという流れです。

JR盛岡駅から会場までは約1kmと少しありますが徒歩圏内で、徒歩の人が多いです。

 

 

 

3:駐車場

 

無料で開放されている駐車場が4ヶ所あります。

利用可能時間は12時~23時

(会場から近い順・地図は名前にリンク)

 

桜城小学校

中央通り2丁目まで約300m、1丁目まで約600mと最も近い駐車場。

それゆえ満車になるのが早く、16時までには到着したい。

 

仁王小学校

会場まで約600mほど。

利用したことはないが17時前くらいまで大丈夫そう

 

河北小学校

中央通り2丁目まで約700m、1丁目まで約1km。

混雑も少なく、時間ギリギリでも結構止められる。

 

橋下中学校

会場まで1km少々

 

 

4:おすすめの観覧場所

 

早めにきて場所取りさえすれば直線コースなので見やすさに大きな差はありません。

しかし暑い中1~2時間も待機していたくないですよね?

 

そんな時に狙い目なのが交差点!

例えば中央通りと映画館通りが交差する「中央通一丁目交差点」

 


 

お祭り前は普通に車道として車が行き交っています。

が、17時50分の交通規制とともに中央通りが封鎖され、車道に場所取りができるのでそこを狙います。

ただし映画館通りは横断ポイントにもなるので出過ぎないように注意!

 

この他にも小さな道路と中央通りの交差点がいくつかありますが、同様に狙い目です。

なんにせよポイントは「交通規制開始のタイミングを狙うこと」

 

「県庁前側は混雑、中央二丁目側は多少人が少なめ」という傾向もあります。

よってエリアとしては「NTT~1丁目交差点~2丁目の間」が良いかと思います。

あとはその時の混雑状況を見て狙う交差点を決めましょう。

 

これなら規制10~20分程前に交差点の歩道上で待機しておけばいいですし、

かなりの確率で最前列か2列目が取れます。

 

 

5:見どころ

 

【ミスさんさ】ミスだけあって踊りが綺麗

【伝統さんさ】各町ごとの変則的な動きの連動
【仮装集団】バカ殿に変装しているグループの踊りのキレ

 

上記グループは全日参加ですので注目してみてください。

 

その他にも大学生や自衛隊など力強いグループも注目です。

日によって参加団体が異なるのでどの団体がいつ?というのは ❐公式サイトパレード順 を参照してください。 

 

 

6:飲食

 

県庁の横に露店の出店エリアがあるほか、中央通り沿いにもチラホラ出店されています。

しかしご当地っぽい食べ物はほとんど目にしませんでした。

個人的には祭りの前後にじゃじゃ麺をお店で食べればいいんじゃないかなって思います。

コンビニは少し歩けばいくつかありますよ。

 

 

7:トイレ

 

さんさ踊り中にトイレ利用をしたことがなかったので調べてみました。

県庁前の有料席エリア付近に仮設トイレが設置されているようです。

駐車場にも仮設トイレがあったのは確認済みです。

その他には近くのコンビニがいくつかあるのでそこを利用するとかでしょう。

 

 

8:その他注意点

 

さんさ踊りは3時間と結構長時間です。

全て見るためには事前のトイレと飲み物の用意が重要!

さらに座りやすいようにクッションなどがあるとより良いです。

 


これぐらい把握しておけば効率的に楽しむことができると思います。

太鼓の音色で夏感とテンションをアップしてきてください!