· 

クイックエボパレータークリーナーSでカーエアコン消臭洗浄

車のエアコンから出てくる風の臭いが気になる時ってありますよね。自分は結構臭いに敏感なので、生乾きのようなエアコン臭が気になって仕方ない。夏の旅行中にそんな異臭に襲われでもしたら・・・旅行を楽しむどころではなくなってしまう!

 

この不快な臭いの主たる原因はエアコンの冷却装置(エボパレーター)に発生するカビ。ならばそのカビを駆除してこの臭いから解放されたい!異臭騒ぎを阻止したい!

 

しかしカーエアコンは家庭用と違って分解洗浄するのに高額の出費が伴います。そこで、分解せずに簡易的に洗浄する方法を試みます。分解するよりも効果は落ちますが、費用も安く自分でできるのがポイント。

 

 

用意した道具

  • DRIVE JOY クイックエボパレータークリーナーS
  • エアコンフィルター
  • 車用スチーム消臭(おまけ)

 

今回のメインアイテムがクイックエボパレータークリーナー。さらにエアコンフィルターの汚れも臭いの原因となるので一緒に交換してしまうのが効果的です。さらにスチーム消臭が処分価格だったので一緒に施工しちゃいます。

【amazon】

 

 

エアコン消臭作業

DRIVE JOY クイックエボパレータークリーナーS

トヨタのグループ会社トヨタモビリティパーツが販売する業務用のカーエアコン用消臭洗浄剤で、付属品は説明書・ホース・ホース設置補助板・貼付型消臭剤・薬剤のスプレー缶という内容です。ただしエアコンフィルター無しの車には使用できないので注意。

 

グローブボックスを外す

エアコンフィルターにアクセスするためにグローブボックスを外します。国産車の多くはボックスの両サイドを左右から内側に押し、爪を外して手前に引くことによって外れると思います。

 

エアコンフィルターを取り出す

ボックスを外したらすぐ見える白い部分にエアコンフィルターが格納されています。

 

つまみを押して蓋を外し、エアコンフィルターを引き抜きます。

 

エアコンフィルターの下部に冷却装置であるエボパレーターがあるので、ここから薬剤を散布してエボパレーターに付着したカビを除去するという方法です。

 

ホースを設置

フィルターの取出口に両面テープのついた補助板を貼りつけ、そこにホースを通して下向きに洗浄剤が散布される位置で固定します。

 

エアコンの設定

エンジンをかけて「風向を正面、内気循環、温度設定は最低、風量は最大、A/Cはオフ」に設定にします。この時点ではA/Cを入れないので注意です。

 

洗浄剤の散布

スプレーのボタンを下まで押し込みます。少し固いですが、カチッと音がなるはずです。

 

すると薬剤が勢いよく吹き出し、3分せずに止まるのでそれまで待ちます。

 

消臭剤の設置

散布をしている時間を利用して付属品の消臭剤を設置してしまいます。銀袋の中に入っている白い消臭剤を取り出し、DRIVE JOYと書かれた箱の中に入れて蓋を閉じます。

 

それを付属の両面テープでグローブボックスの背面に貼り付けます。ボックスを戻した際にフィルターの前に消臭剤がくる位置関係です。

 

散布が終了したらA/Cをオン

薬剤が止まったらここで初めてA/Cをオンにし、冷却装置(エボパレーター)を5分間作動させたままにします。この冷却時に発生した結露の水が薬剤とカビを一緒に洗い流し、車外に排出させるという原理です。

 

エアコンフィルターを交換

冷却している間に装備を元に戻していきます。ホースなどを撤去し、新しいエアコンフィルターを中に入れます。方向記載がある面を手前、↑の方向が上にくるように注意!

 

この向きで設置したら蓋をしてグローブボックスを戻して作業終了です。

 

 

洗浄の費用対効果は?

A/Cオンの状態からオフに切り替えた直後は多少臭う感じもありますが、だいぶ軽減されました。臭いを完全にとはいきませんが半減以上は期待できます。定期的に続けるとより効果的なのかもしれません。

 

車種によって効果の差はあるでしょうが、ものは試しで一度やってみる価値はあると思います。それとは別にエアコンの臭いを抑制する方法として、冷房の際はアイドリングストップをオフにしておくと効果がありそうです。

 

エボパレータークリーナーはamazonや楽天市場にて安い時は2500円前後で購入が可能。また、ジェームスでのエアコン消臭作業にも同じものが使われており、3600円ほどで施工してもらえます。作業工賃1000円程度なので面倒くさい場合は店に依頼しても良いかも知れません。

 

 

フィルター交換は自分でやるべき

交換のやり方は記載したとおり、グローブボックスを外してエアコンフィルターを交換してボックスを戻すだけ。3分あれば完了する作業です。

 

フィルターはネットで簡単に購入でき、安いフィルターなら1000円程度、デンソーの標準的なフィルターでも2000円しない程度です。

※車種によって異なるので適合の確認をお忘れなく

 

これをお店に依頼するとデンソーフィルター+工賃で4000円ほどかかります。つまり3分ほどの超簡単な作業で2~3000円が節約できるわけです。

 

エアコンフィルターの交換時期は1年または1万kmが一般的な目安。実際は臭いさえ出なければ2年くらいは使えますが、自分は1年に1度安価なフィルターに交換するようにしています。ちなみに安いフィルターだから臭うということは今までありません。

 

 

暖かい風も臭う場合は

暖房使用時も臭う場合はエアコンフィルターだけではなく、送風回路が臭いの原因の可能性もあります。その場合はスチーム消臭で改善できるかもしれません。

 

スチーム消臭はより簡単。助手席のフロアマットに置いてスチームを発生させ、エアコンオンで車内を循環させるだけ。エアコン自体と車室の内装の消臭をすることができます。

 

 

スチームの成分は病院などの消臭などで使われている安定化二酸化塩素で、正しく使えば問題なし。エアコンだけではなく、椅子についた臭いなどもある程度除去できるので車内リフレッシュしたい場合にも有効です。

 

【amazon】

 

 

消臭を試みたい方へ

初めて自分でやってみる場合は、まずはフィルター交換、次にスチーム消臭を試してみましょう。スチーム消臭だけでも納得するレベルに臭いが消えたという人もいますし、フィルター+スチーム消臭で解決するなら2000円~で済みます。

 

それでだめなら次にエボパレータークリーナーを試しましょう。自分はおよその消臭効果を把握できたので、スチーム消臭を1年に1回、エボパレータークリーナーを2~3年に1回くらいで施していけばいいかなーという算段でいます。

関連記事
最新の記事
桃太郎神社|桃太郎誕生の地はB級スポット化していた!?【愛知観光スポット】
>> 続きを読む

藻岩山登山|新日本三大夜景は昼の景色も綺麗【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

伊予万里|四国中央市のご当地グルメ「揚げ足鳥」は攻撃力抜群【愛媛グルメ】
>> 続きを読む

とさを商店|中日そば=しらすの茹で汁和風ラーメン=ソウルフード【高知・香南グルメ】
>> 続きを読む

お松大権現|招き猫が1万体以上!猫神様各位が大集合の猫神社【徳島観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索