· 

安くて快適なフェリー旅のすすめ(新日本海フェリー・阪九フェリー・太平洋フェリー)

フェリーは雑魚寝がちょっと…っていう方は結構多いと思います。でも最近は雑魚寝部屋が減り、代わりに半個室型客室で過ごしやすい船が増えているのをご存知ですか?自分もこの半個室の2段ベッドタイプはよく利用しています。

 

さらに今のフェリーは綺麗で設備も充実しているのでゆったり過ごせるほどの快適さ。しかも旅客だけなら値段も安い。時間はかかりますがうまく利用すれば宿代わりにもなります。

 

というわけで今回はフェリー旅を詳しくオススメするお話です。

新日本海フェリー

各種情報

北海道と日本海側の各地を結ぶのが新日本海フェリー。特に西日本との往来に便利で快適な存在です。

 

公式サイト

https://www.snf.jp

 

航路

寄港便などもありますが、主な航路は以下の通りです。

  • 小樽市 (北海道) ~ 新潟市
  • 小樽市  ~ 舞鶴市(京都)
  • 苫小牧市(北海道) ~ 秋田市
  • 苫小牧市 (北海道) ~ 敦賀市 (福井)

  

料金

新日本海フェリーは他社と比べても運賃が割安に設定されています。小樽~新潟は7300円から、北海道~舞鶴・敦賀は10900円からと人間だけだとかなり安い。これが一番下の等級の価格ですが、一番下でも半個室2段ベッドなのです。

 

ちなみに4m未満の自動車込みですと新潟航路で21200円から、敦賀・舞鶴は33400円から。自動車を載せると一気に跳ね上がりますが1台で複数人同乗するなら割安感が出ます。

 

割引

新日本海フェリーは運賃設定が割安な代わりにあまり割引がききません。一般的に使えそうなのは復路が10%引きになる往復割引と回遊割引です。

 

 

船内の様子

ざっくりと主要なスペースだけご紹介します。

寝室

一番安い部屋でこの2段タイプになります。通路から大部屋に入るとずらりと並ぶ2段式ベッド。

 

通常の2段ベッドと違って通路が上段下段ごとに分かれているタイプです。なのでベッド前スペースはお向かいさんと2人で使えちゃう。個室の入口はロールカーテンでプライベート空間確保!

 

大きな荷物はベッド前の棚の下に置いてOK。室内は縦が約200cm・横が80cmほどのスペースです。

 

【設備】

  • 寝具(マット・枕・毛布・シーツ)
  • 枕元にはライト・コンセント・小物置き場、足元には棚&タオル掛け・通風口
  • 入口にはロールカーテンでプライベート確保

 

ロビー

綺麗で上階まで吹き抜けなので開放感もあります。テレビもここで見れますよ。

 

ロッカー

 

自動販売機

ジュース・アイス・酒類・冷凍食品と豊富はラインナップ

 

売店

お土産が買える他、お菓子・おつまみ・飲料・アイスなども買えます。常時営業ではないので注意。

 

軽食・喫茶のカフェテリア

  

レストラン

船の上だからお高いのかと思いきや、意外と普通なお値段です。オススメは塩ラーメン。

 

予約制の高級グリル

 

フィットネスルーム

エアロバイクとランニングマシンだけですが無料で使えます。

 

フォワードサロン

進行方向を展望できる休憩室のような場所です。

 

お風呂

返却式コインロッカー・シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー完備です。浴室内には湯船だけではなくサウナもあり。苫小牧~敦賀の「すずらん/すいせん」と小樽~新潟の「らべんだあ/あざれあ」には露天風呂まで!

 

屋外デッキ

天気がいい日はデッキでゆったり贅沢タイム。船旅の醍醐味のひとつです。

 

 

フェリーターミナル

 

 

阪九フェリー

各種情報

関西と九州を結ぶ阪急フェリーは人だけで利用する場合が特にオススメ。アクセス・時間・料金が利用しやすい設定の航路なのです。瀬戸内海は波が穏やかで揺れないのも良いところ。

 

【公式サイト】

https://www.han9f.co.jp

 

航路
  • 新門司 (福岡) ~ 泉大津(大阪)
  • 新門司 ~ 神戸

時刻表的には神戸のほうが使いやすいのですが、船の設備がいいので泉大津をオススメします。新造船の投入も行われ、より綺麗な船に。大阪~新門司航路の名門大洋フェリーとの新造船比較では阪九フェリーのほうが良かったです。

 

料金

下から2番目の等級であるスタンダード洋室が8270円~でオススメです。1番下のスタンダード和室は7220円~ですが雑魚寝部屋になります。

 

割引

繁忙期以外ならばインターネット割引で人も車も20%引きになるので効果大です。ネット割ならスタンダード洋室が6620円! 

 

 

船内の様子 

ざっくりと主要なスペースだけをピックアップします。

 

寝室

今回利用する部屋はスタンダート洋室です。ネット割なら和室(雑魚寝)とは約800円差ですので断然洋室をオススメします。

 

廊下に面した扉を開けて大部屋へ。新日本海フェリーと同様に上下2段タイプのベッドが16個並びます。

 

ただしベッドの入口が少し違って上下で同じ通路を使うタイプ。ここの形状は新日本海フェリーのほうが良し。

 

大きな荷物は下段は階段下、上段は階段に置く形で少し狭い。室内は縦が約200cm、横が約70cmほどのスペース

 

【設備】

  • 寝具(マット・枕・毛布・シーツ)
  • ライト・コンセント・枕元に小型ロッカー・通風口
  • 入口にはカーテンでプライベート確保

新日本海フェリーにあった枕元の小物置き場がないのがやや不便。

 

ロビー

吹き抜け型のロビーの中央はイベントスペース。演奏会やマジックショーが行われたり。

 

ロビーは消灯されないので眠れない時はソファーでくつろぐことも。

 

ロッカー

貴重品は暗号式の無料ロッカーへ。

 

手荷物はコインロッカーへ。こちらは有料(だったはず)。

 

給水器

水もお湯もここでゲット!

 

自動販売機

ジュース・酒類・アイス・カップ麺が揃います。

 

貸切カラオケルーム

 

売店

船内で焼き上げているパンも販売、メロンパンがイチオシらしいですよ。乗船時に予約をしておけば翌朝確実に購入できます。

 

レストラン

 

お風呂

もちろん鍵付きロッカー完備。こちらにも露天風呂があるんです。

 

デッキ

広々と開放的なデッキには椅子とテーブルもあるのでゆったりできます。

 

来島海峡大橋・瀬戸大橋・明石海峡大橋の下を通過したり。

 

船の上からの瀬戸内海に沈む夕陽など、普段見られない光景も見れちゃいます。

 

 

フェリーターミナル

フェリーの時刻に合わせてシャトルバスが運行されます。門司港=小倉は無料!

 

 

 

太平洋フェリー

各種情報

早割を利用できればかなりお得なのが太平洋フェリーです。

 

公式サイト

https://www.taiheiyo-ferry.co.jp

 

航路

苫小牧~仙台~名古屋を結びます。苫小牧~仙台航路は19時頃出航して翌10時頃に到着、まさに移動中に睡眠ができて時間に無駄が少ない!苫小牧~名古屋は40時間もかかるので暇つぶしに苦心しそうです。船舶は3種類ありますが、「いしかり」か「きたかみ」がオススメ。

 

料金(苫小牧~仙台)

大人は9000円~、ここでも雑魚寝ではなく半個室の2段ベッドタイプ以上をおすすめします。いしかりのB寝台11300円、きたかみのC寝台9000円が2段ベッドタイプです。前述の2社に比べると割高の料金設定になっています。しかし!

 

割引

太平洋フェリーには割引率の大きな早割があるのです。繁忙期以外で28日前までの予約なら旅客は最大50%引き、車輌は30%引きになります。これを利用するとB寝台が5600円、C寝台は4500円!

 

 

船内の様子

古い写真しか持っていなかったので船内の様子は公式サイトを確認してください。大体前述2社と同じような感じになります。ちょっと違う点はレストランがバイキング形式ということですね。

 

 

フェリーターミナル

 

 

 

フェリーの良し悪し

昨今はLCCがあるので飛行機のほうが安くて早い場合も多いと思います。でも宿泊費+移動費がフェリー料金で済むと考えるとどうですか?寝て体力回復もできるし、有効な手段だと思うんです。

 

フェリーは大型なので揺れにくいですが、波が高くなりやすい冬場は注意です。お風呂が遊園地みたくなることもあります。ベストシーズンは5月~10月くらい、晴れた日にデッキでくつろぐのは気持ちがいいですよ。

関連記事
朝食がすごい?2019年開業のセンチュリーマリーナ函館に宿泊
>> 続きを読む

ゑびす家本店の本物のタコ入りもみじ饅頭・たこもみじとは?【広島・三原グルメ】
>> 続きを読む

よみうりランドのジュエルイルミネーションは見応えあり!
>> 続きを読む

セイコーマートの118円パスタ・焼きそば・焼きうどんシリーズを食べ比べ調査
>> 続きを読む

【2022年の雪像設置中止】さっぽろ雪まつり全会場解説《2月開催》
>> 続きを読む

最新の記事
【解説】函館山登山|徒歩40分で有名な山頂の景色へ【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【解説】駒ケ岳登山で標高900mから大沼国定公園を展望【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

とん汁 枡形|極めてシンプルなのに超絶品【静岡・磐田グルメ】
>> 続きを読む

大黒屋 函館五稜郭店|美味くて安いが大人気のジンギスカン専門店【北海道グルメ】
>> 続きを読む

六花亭 漁火通店|大きなガラス越しに広がる海が映える【北海道・函館グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索