金長狸と猫神社 ~ 四国一周の道vol.16

四国一周2日目です。

おとなしく寝たはずなのになぜ朝寝坊したんだ!?

それは一夜を明かしたネットカフェで進撃の巨人とかゴールデンカムイなどを読みすぎたせいです。

慌てて出発して、セブンイレブンでコーヒーブレイクしている時にはっと気がつく。

外付けHDDをネットカフェに忘れてきた!!

 

急いで戻ってHDDは無事にできたので助かりました。

もし気づいたのが夜だったら高知県(予定)にいたので大変でしたよこれ。

 

 

↓今回のブログの動画はこちら↓

 

 

寝坊&忘れ物で出発が遅れたために徳島市内は通勤ラッシュ。

揉まれながら南下していると目に止まったのが「小松島みなと交流センター」という案内板の文字。

フォースの導きのままに来てみました。

すると、屋内フリーマッケットみなといきいき産直市が入っているではありませんか!

 


 

い・・き・・・い・・き・・。

道の駅の産直品売り場のような活気は残念ながら・・・。

開店して間もないからなのか商品が出揃っていないというゆるさもありました。

地元の方々の趣味の出品という感じもあるのでしょうか?交流センターですし。

 

 

阿波おどりペイントの自販機を発見。

徳島には阿波踊り専用エナジードリンクもあるのですよ。

これさえ飲めば一晩踊り続けられます。

 

 

 

 

金長神社

 

『ジブリの映画にも登場した金長狸が祀られている神社が小松島にあるから行ってみようよ』とおねだりされました。

本日は目指せ高知県なので我慢してください!

 

とは言えず、きちゃった。

急ぐ気ないでしょ?っていうのはみんな知ってても口にしない魔法のフレーズ。

 


 

金長神社は現在この地域の再開発によって取り壊しの危機にあるようです。

保存活動も行われているようなので気になる方は調べてみてください。

 

 

そこから徳島バーガーやらなにやらありましたが割愛しましょう、あえてね。

 

 

この日の第一目的地であった阿南市の猫神社にやってきました。

時刻はすでに12時を回っているのですけどね・・・。

 

お松大権現(公式サイト)

【駐車場】 あり


 

お松大権現は、有馬・鍋島と共に日本三大怪猫伝の1つとして名高いらしく、

公式サイトによると

江戸時代、奉行の不当な裁きを不服として直訴処刑された「お松」という女性の愛猫が妖怪変化となり、奉行の家を代々崇り続け仇を討ったとの伝説が残されています。

(参照:お松大権現公式サイト)

という由緒があるようです。

ここの猫神様は勝負事、願い事の神様とのことで境内には約1万体の招き猫が奉納されているとのこと。

 

ん??

願い事の神様ってことは勝負事も含め、金運、健康運など全てに通ずる神様なんじゃ・・・・とか思ったり。

あと参拝して見える分にはさすがに1万体の招き猫は・・・3000体くらいじゃないかなーという体感ですよ体感。

見えないところに奉納されているかもしれないですしね!

 

それでも結構な招き猫の並びですごいものがあります。

招き猫の数もさることながら猫神様の石像が色々おられる。

狛猫、猫不動、猫大仏、猫七福神、若干なんでもござれ感も。

 

 

これはある意味パラダイスです!

 

珍しいおもしろスポットであること間違いなし!!

猫好きな方はより楽しめるかもしれません。

僕は猫より犬のほうが好きなんですけどね、ここだけの話(2回目)

そんな僕でもお松大権現には1時間近く滞在、というスポットだったのです。

 

 

この後は阿南市を深く掘り下げていきますよ!!