· 

2023年 唐津くんち開催情報|日程・スケジュール・駐車場・場所・見どころ・アクセス・出店

長崎・博多と並んで日本三大くんちの一つと称され、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている唐津くんち。ここではその開催概要「日時・スケジュール・駐車場・巡行コース・見どころ・屋台・行事内容など」をお伝えしていきます。

令和5年 開催概要

唐津くんちとは

佐賀県唐津市で行われる唐津神社の秋季例大祭。獅子・兜・亀・鯛・船などの形を模した14台の絢爛豪華な曳山(やま)がお囃子とともに旧城下町を巡行します。

 

これら「山・傘・屋台行事」はユネスコ無形文化遺産にも登録されており、期間中の人出は50万人とも云われる唐津市最大の行事です。

日程・時間
2023年11月2日(木) ~4日(土)

※毎年同日開催

会場・場所・アクセス
会場 唐津神社・唐津駅北側一帯
場所 佐賀県唐津市南城内3-13
観覧 無料(有料席なし)
鉄道 JR唐津駅北口
スケジュール・見どころ
11月2日 / 宵山曵(よいやま)

出発地点の大手口から刀町を先頭に6台の曳山が巡行を開始。巡行地点の近隣各町が合流していき、全14台の曳山夜行となって市内を巡る。夜に輝く幻想的な曳山を拝めるのはこの日だけです。

 

11月3日 / 御旅所神幸

神輿を中心として前後に曳山が並び、唐津神社から西の浜お旅所(明神台)に向けて巡行を行います。曳山は一番曳山の刀町・赤獅子から十四番曳山の江川町・七宝丸まで制作年代順となっています。

 

唐津くんちで最大の見せ場となるのが12時から行われる「お旅所への曳き込み・曳き出し」です。御旅所があるのは西の浜という砂地。ここに侵入した2トンを超える曳山は車輪が埋まり、前に進めず、コントロールが難解に。これを如何にクリアするかが見どころとなります。

 

11月4日 / 翌日祭

前日の御神幸とほぼ同じ巡路で旧城下の約8キロを回ります。12時頃には米屋町通りに全14台が一列に勢ぞろいし、昼休憩となります。休憩後は再び巡行を開始し、最後は全台が曳山展示場の中へと格納されていきます。

 

曳山巡行コースマップ

曳山が巡行するルートと目安時刻、トイレ、ゴミ箱などは下記マップのとおりです。拡大表示をしたい場合はマップクリックでPDFが表示されます。

曳山コース

【出典:唐津観光協会

※巡行の先頭から最後尾までは約50分

駐車場・シャトルバス

市営駐車場(有料)と臨時駐車場(無料)が利用できます。下記マップの🅿アイコンをクリックすると収容台数と利用可能時間が表示されます。

 

上記駐車場以外に民間有料駐車場も利用できますが、交通規制の影響を受けるおそれがあります。また、曳山巡行に合わせて結ぶシャトルバスが運行されます。

区間 松浦河畔公園駐車場前~唐津駅南口
時間 2日 17:00~22:00 / 3日 9:00~17:00
観覧 往復500円(片道でも同額)
屋台・露店

いわゆるお祭り屋台を中心に、例年約300店の出店が各所で行われます。主な屋台出店エリアは以下のとおり。

  • 唐津駅前
  • ふるさと会館アルピノ
  • 唐津市役所周辺
  • 唐津神社(参道)

名物は、例年唐津神社前に出店するお化け屋敷!

 

ご当地的なグルメを求めるのならば2日目と3日目にふるさと会館アルピノの中庭で開催される「唐津特産市」へ。地元食材を使用したメニューが提供されています。

 

以上、唐津くんちの開催情報をお伝えしました。

関連記事
2024年 奇祭!近江八幡左義長まつり開催情報|日程・スケジュール・駐車場・場所・アクセス・出店
>> 続きを読む

2024年 さっぽろ雪まつり徹底ガイド!全会場レポート|日程・アクセス・駐車場・出店
>> 続きを読む

2024年 旭川冬まつり×ドラゴンクエスト 開催情報と会場レポート|日程・駐車場・花火・スケートリンク・出店など
>> 続きを読む

2024年 愛知の奇祭「鳥羽の火祭り」開催情報と現地レポート|日程・スケジュール・駐車場・会場アクセス
>> 続きを読む

2024年 西大寺会陽『あと祭り』開催情報と現地レポート|日程・駐車場・アクセス
>> 続きを読む

最新の記事
2024年 奇祭!近江八幡左義長まつり開催情報|日程・スケジュール・駐車場・場所・アクセス・出店
>> 続きを読む

2024年 さっぽろ雪まつり徹底ガイド!全会場レポート|日程・アクセス・駐車場・出店
>> 続きを読む

蓮華院誕生寺奥之院|世界最大級の梵鐘の鐘撞きに参加【熊本観光スポット】
>> 続きを読む

2024年 旭川冬まつり×ドラゴンクエスト 開催情報と会場レポート|日程・駐車場・花火・スケートリンク・出店など
>> 続きを読む

金峰山|徒歩5分で山頂!熊本市街と有明海を展望【熊本観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索