· 

国営ひたち海浜公園|青の絨毯ネモフィラ畑と濃密カラフルチューリップ畑【茨城観光スポット】

国営ひたち海浜公園のネモフィラがすごい。とはよく耳にしますが、いったいどれほどのものなのか?2022年の最盛期は4月22日頃、前後10日ほどが見頃となります。

 

それを確認すべく、茨城県ひたちなか市に行ってみましょう!そこではネモフィラだけではない思わぬ収穫もあったのです。

 

国営ひたち海浜公園

ひたち海浜公園には4つの入場ゲートがあるため、選択を間違うと結構な遠回りとなります。ネモフィラが目的ならば西口・翼のゲート、もしくは海浜口・風のゲートがオススメ。今回は西口からのエントリーです。

 

 

入園料

通常入園料は大人450円、中学生以下無料、65歳以上210円。ペットも無料で入園することができます。

 

2020年からは季節料金が導入され、春のネモフィラと秋のコキアの時期は参加料として250円が上乗せされた金額(大人は計700円)が必要。代わりにそれ以前よりもネモフィラの面積が丘1つ分拡大され、臨時サービスの向上が図られています。

 

 

公園内はかなり広い

西口ゲートを抜けるとそこにはネモフィラがドーーーン!

 

とはいかず、ネモフィラの丘まではここから10分ほど歩かなければなりません。ひたち海浜公園の敷地はかなり広く、軽く一周しても4kmを超えるほどなのです。

 

サイクリングコースも整備されているので、全体を見て回りたいならば自転車を使うのもひとつの方法。レンタルできますし、自分の自転車を持ち込むのもOK!

 

 

ネモフィラってどんな花?

名前は聞いたことがあるけれどどんな花かはよく知らないという人も多いのでは?ネモフィラは芝桜のように背丈が低く、直径2cmほどの小さな花。

 

ひたち海浜公園ではこの青色ネモフィラが一面絨毯のように丘を包み込んでいるのです。

 

 

飲食

常設のレストラン・カフェ・バーベキューコーナーなどの他に、期間限定のフード・スイーツ・ドリンク・キッチンカーも大集合。

 

ネモフィラにちなんだ商品も色々とありますが、青色って食欲減衰の色のような…。は、映えますけどね!

 

 

ネモフィラの丘

西口ゲートから案内板に従って歩くこと10分ちょっと、ついに…ネモフィラがドーン!

 

と来るかと思いきや、菜の花とのコラボレーション!

 

黄色と青のコントラストが映える!そして…

 

これがネモフィラの丘だー!

 

ネモフィラ畑となっている見晴らしの丘は犬を連れている人が多いのなんの!犬も歩けば犬に当たるとはこのことか。

 

丘を少し登るとが見えてくーる。空と海とネモフィラが同化していく。

 

ネモフィラの海に咲く一組のカップル

 

当サイトではこのおふたりの関係がずっと咲き続けることを心より願っております。

 

遠くに見える観覧車も公園の敷地内。南側には遊園地もあるとは、ひ…広すぎる。

 

空の青とネモフィラの青

 

幸せの鐘の音が恋人達を包み込む。神よ…俺を祝福しろっ…!

 

このあたりの景色がWindowの画面として採用されたという噂。

 

見事な青の絨毯、そして菜の花との共演というおまけも見れて大満足。なるほど確かにひたち海浜公園のネモフィラはすごかった。

 

しかし!

 

これだけじゃないのです!

 

 

チューリップもすごい

これを見ずにネモフィラだけで帰ってしまうのはもったいない!ちょうど時期を重ねてチューリップ畑も満開となっているのです!

 

面積はネモフィラよりも小さいものの、興奮はそれ以上かもしれないほどにカラフルで美しい。そして密度がすごい!

 

やや枯れ始めているのにも関わらずこのパワー…、眩しすぎるっ!

 

これはチューリップの球根でひと儲けしようというバブルも起きるわけです。

 

ネモフィラだけで帰ってしまっている方々、大事なところを見逃していますよー!

 

大賑わいのネモフィラ畑に対し、チューリップ畑が穴場となっているのはなぜ…?おそらく「ひたち海浜公園=ネモフィラ」という観念のためにチューリップの存在なんてつゆ知らずという人が多いのでは?かく言う自分も危うく見逃すところでした。 

 

春の国営ひたち海浜公園ではネモフィラとチューリップで一挙両得するのをお忘れなく!

国営ひたち海浜公園

住所

茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

営業時間

9:30~17:00(時期によって変動)

定休日

火曜日(無休期間あり)

料金

大人450円 / 中学生以下無料
季節料金+250円

駐車場

有料520円
ネモフィラには西駐車場が便利
公式URL https://hitachikaihin.jp
関連記事
2022シーズンは10月20日開幕!よみうりランドのジュエルミネーションは見応えあり!
>> 続きを読む

国営ひたち海浜公園|青の絨毯ネモフィラ畑と濃密カラフルチューリップ畑【茨城観光スポット】
>> 続きを読む

ドライブイン七輿|チャーシュウが美味しいレトロ自販機レストラン【群馬観光スポット】
>> 続きを読む

ひたち海浜公園 / ネモフィラ畑で捕まえてからのチューリップ【日本半周してた旅~第55話】
>> 続きを読む

ここも日本三大稲荷?笠間稲荷神社とムース大福【日本半周してた旅~第54話】
>> 続きを読む

最新の記事
おかしの館のあくつ|圧倒的安価で評判の洋菓子店【北海道・帯広グルメ】
>> 続きを読む

【2022-2023年】時之栖 ひかりのすみか|550万球のイルミネーションと高さ150mの噴水
>> 続きを読む

【解説】トリフィートホテル&ポッドニセコに宿泊体験
>> 続きを読む

道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

カレーハウスアパッチ|帯広の老舗カレーはインデアンだけじゃない!【北海道グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索