· 

丹頂|リピート確定!茶碗蒸しらーめんとは?【大阪グルメ】

大阪には茶碗蒸しの中にうどんを入れる小田巻き蒸しというハイブリッド郷土料理があるらしいのです。想像するに味の相性は良さそうな組み合わせですし、美味しそう。

 

ですが、そこからさらに発展した「茶碗蒸しラーメン」というものをご存知ですか?と尋ねられたことが今回の話の始まりです。その組み合わせはさすがに…気になります!

丹頂

場所は大阪市の天保山エリア。そこに大観覧車に負けじと輝く「茶碗蒸しらーめん」の文字と強烈な存在感を放つモニュメントを発見。

 

店名を確認するまでもなくここが目的地だと確信。さすがのインパクトに通行人が思わず足を止め、るものの入店はせず…なんてシーンもチラホラ。そんなお店の名前は丹頂、駐車場はありませんがすぐ近くにコインパーキングがありますよ。

 

店内は横一列のカウンターのみで13席。他のメニューをチェックするまでもなく茶碗蒸しらーめんをお願いします。

茶碗蒸しらーめん

注文してから出来上がりまで約13分。背の高いどんぶりに木蓋と皿というなかなか仰々しいお姿で登場です。この木蓋を開ければそこに…

 

とその前に危険防止で火除け面を着用します。

 

それではオープン!

 

え…?見た目はただのどデカい茶碗蒸し!?

 

顔を守るほどの湯気が出るわけでもなく、至って安全。どうやら火除け面はチーズフォンデュ風ラーメンの時に使うようです。メニュー写真でも火を吹いています。でもご自由にお使い下さいとなっているので、記念撮影にも使っていいとか?

 

それではいただきます!まずは茶碗蒸しをひとすくい…、口の中でふんわりと潰れ…、和の出汁が香り…、これはまごうことなき茶碗蒸しだ!ネタじゃなく美味しい…。さらにその下からラーメンスープらしき液体が!?

 

すくって飲んでみると…完全に醤油ラーメンだこれ。あっさりながら旨みのある和風寄りなスープに柚子胡椒が効いています。

 

さらに掘り起こすと麺、そして麩、もやし、角切りチャーシュー、にら、キャベツ、ネギ、かまぼこ、と豊富な具材がお目見え。

 

つまりこれってラーメンを作ってから茶碗蒸しにしているわけで…、それだと麺は柔らかくなっていたりするんじゃ?なんて心配は無用でした。麺もちゃんと適度な硬さで仕上がっているのです、すごっ!

 

これはしっかりと茶碗蒸しであり、しっかりとラーメンでもあり。この2つが合わさると奇抜な一品だとイメージするわけですが、食べてみると味に違和感がないことに驚き。控えめに言って…これ…美味しい、混ぜて食べても美味しいのです。


普段スープは完飲しないタイプですが、気づけば空の丼がそこに。

  

さて、この茶碗蒸しらーめんはおいくらだったでしょうか!?最後にメニューをご紹介していきます。

 

 

メニュー

茶碗蒸しらーめんなんて手間がかかりそうな感じなのに、価格は2022年12月現在で850円と意外にお安め。しかしノーマル茶碗蒸しらーめんは人気No.4に甘んじており、上位人気はトッピング付きが占めているようです。

 

ちなみに普通のラーメンもあります。ただお店としても圧倒的に茶碗蒸しラーメン推しなのは言うまでもなく。

 

やはりここに来たら茶碗蒸しらーめんを食べるべきです!怖がらなくても大丈夫、かなり自然と受け入れられるはずです。自分も同行者もリピートしたいという意見で一致したくらいです。

 

これは美味しいラーメン?いや茶碗蒸し?どちらにせよ皆さんオススメできる、そして体験してみて欲しいグルメに認定!

丹頂

住所

大阪府大阪市港区築港3-8-7

営業時間

月~金|11:30~15:00 / 17:00~22:00

土日祝|11:30~22:00

定休日

不定休

駐車場

なし。コインパーキング隣接
関連記事
丹頂|リピート確定!茶碗蒸しらーめんとは?【大阪グルメ】
>> 続きを読む

抹茶館|京都で行列の抹茶ティラミスを並ばずに食べる【滋賀・竜王グルメ】
>> 続きを読む

たねや|絶品!焼きたて香ばしいつぶら餅【滋賀・近江八幡グルメ】
>> 続きを読む

カフェ・ド・ムッシュ|アーモンドバターで朝食を【兵庫・姫路グルメ】
>> 続きを読む

天下ご麺|風変わりな「鶏の白雪麺」のお味は?【滋賀おすすめグルメ】
>> 続きを読む

最新の記事
【2023年開催】解説!奇祭・豊橋鬼祭は粉まみれに注意!鬼には過酷な試練が・・
>> 続きを読む

【2023年】さっぽろ雪まつり開催概要と全会場レポート(日程・場所・駐車場・出店など)
>> 続きを読む

マンホールカード第18弾(全41種)追加と配布場所マップ
>> 続きを読む

カップヌードルミュージアム大阪池田で世界で唯一のカップヌードル制作【大阪観光スポット】
>> 続きを読む

丹頂|リピート確定!茶碗蒸しらーめんとは?【大阪グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索