· 

瀬見温泉|義経と弁慶が発見した野湯に浸かりたい!【山形観光スポット】

源義経の一行が頼朝から逃れるために平泉へと向かう道中、立ち寄ったこの地で温泉を発見したのが瀬見温泉の始まり。いくつかの義経伝説と旧跡が残されている瀬見温泉はなかなかの・・・でした。

 

瀬見温泉

先に申し上げておきますが、はっきり言って鄙び…いや寂れた温泉街ですよ。まずは案内図にて義経伝説とゆかりのある場所を確認。

 

 

義経大橋

なんてことのないただの橋ですが義経の名を冠し、義経の銅像がたっています。近くの国道47号線には弁慶大橋もありますが、弁慶の像はないようです。

 

 

弁慶の硯石

弁慶が墨をするための硯として使ったという石。でかい、でかすぎる、さすが規格外の男・弁慶。伝説という言葉は便利なものですね。

 

 

喜至楼

山形県内に現存する最古の旅館建築物、この本館は明治期の建築らしい。THE・レトロ!館内や温泉もレトロさ爆発らしく、そっち系のファンには垂涎ものの旅館なんだとか。湯船は8つあり、日帰り入浴も可能で500円とリーズナブル。

 

建物はかなり大きくこちらは別館。宿泊者専用の出入り口となります。

 

 

メインストリート

メインも何も一本道しかないのですが、ご覧の通りの人通りです。

 

 

共同浴場 せみの湯

改築されて新しい共同浴場で入口前には無料の足湯、中には内湯・露天風呂・蒸気で温まる「ふかし湯」の3つの湯船。入浴料は400円。

 

 

薬研の湯

なんと川辺に野湯があるじゃないですか!

 

しかもここが瀬見温泉発祥の地!?

義経の妻「北の方」がこの地で産気づいたため、弁慶が産湯を探して沢へと下り、湯煙立ちのぼる川辺の大岩をなぎなたで砕くと温泉が噴き出た!という伝説の地がこちらです。

 

もちろん入りますとも!♨

 

と意気込んで服を脱いで足を入れるも…熱すぎて入れない!草津温泉の48℃を超えるお湯に浸かれた僕でも耐えられない!

 

加水したくても水道はありません。川の水を入れたくてもバケツや桶は持ち合わせておりません。少しずつ場所をずらしながら何度もチャレンジするも、やっぱり熱くて足すら入れてられない!

 

敗北

 

説明書きの看板を読み直すとここのお湯は50℃あるそうです。それは無理だわ…。入りたい方はバケツ持参必須です。それか冬場に雪を利用するとか?

 

ちなみに国道や列車から丸見えなのでご注意を。

瀬見温泉

住所

山形県最上郡最上町大堀987-1

料金

無料

駐車場

無料あり
公式URL http://semi-onsen.com
関連記事
最新の記事
信玄餅が半額以下!さらに詰め放題も!?桔梗屋の工場直売アウトレット1/2【山梨・笛吹グルメ】
>> 続きを読む

門別競馬場|夏は北海道のナイター競馬が気持ち良い【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

東大阪市|地元民に観光ガイドしてもらおう企画7
>> 続きを読む

北海道各地に現れた肉の自動販売機【北海道グルメ】
>> 続きを読む

クイックエボパレータークリーナーSでカーエアコン消臭洗浄
>> 続きを読む



日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。