カテゴリ:東北スポット



土湯温泉|秘湯?でもアクセス良好!時代に合わせて変化を始めた温泉街【福島観光スポット】
2023年 · 2023/07/19
福島市の吾妻連峰中腹にある土湯温泉。福島市の温泉街では飯坂温泉が有名で土湯温泉はやや日陰な存在かも知れません。昔ながらの温泉街で、古い建物も多く、全国各地の温泉街と同様に決して好況とは言えないのは明白です。...

吾妻小富士|標高1707m!お手軽登山で大パノラマの絶景を【福島観光スポット】
2023年 · 2023/07/14
福島市西部に位置する「吾妻小富士」は巨大な火口、浄土平、福島盆地をパノラマ展望できる標高1707mの名山。それでいてハイキング感覚で登れて、特別な装備も不要。初心者でも子供でもお手軽に楽しめる絶景スポットです。

小安峡温泉・大噴湯|間近で噴出する熱湯と蒸気の大迫力!秋は美しい紅葉【秋田観光スポット】
2023年 · 2023/07/06
秋田県湯沢市の「小安峡」は皆瀬川の浸食によって生み出された大迫力のV字谷で、その深さはなんと約60m!岩肌からは吹き出る温泉と蒸気を間近で見ることができ、春は新緑、秋は紅葉、冬は峡谷に下がる大きなつららが楽しめる名勝です。

白石城で生の白石温麺を食べて天守閣攻略戦【宮城・白石グルメ】
2023年 · 2023/06/04
宮城県南部の白石市では温麺(うーめん)なる食べ物が名物なのをご存知ですか?盛岡冷麺の温かいバージョンではありません。冷やしで食べても温麺です。自分も『イメージとしては素麺みたいな?』程度の知識でしかなかったので、実際に白石市のお店で食べて確認してみることにしたのです。

山寺(立石寺)を山頂奥の院まで参拝!撮影スポット・所要時間・行き方などを解説【山形観光】
2023年 · 2023/05/19
松尾芭蕉が足を運び、『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の一句を残した景勝地。山形県の観光スポットとして人気の高い『山寺』の奥の院まで登ってみよう!

超大作ダンボルギーニが女川町役場へ移転し展示再開【宮城観光スポット】
2023年 · 2023/05/10
ランボルギーニをダンボールで作ったらそれは…ダンボルギーニ!宮城県の段ボール加工会社が大人の遊び心をこめて制作し、その完成度の高さで一躍話題となったダンボルギーニ。震災復興の象徴的人気を博しましたが、2022年秋に展示を終了。 だが、ダンボルギーニは再び姿を現したのです!

観光列車『リゾートしらかみ橅』に乗って五能線・日本海の旅を解説【東北観光】
2023年 · 2023/05/09
青森駅と秋田駅の間を日本海沿いの五能線経由で結ぶ観光列車リゾートしらかみ。その人気の理由の一つは普通運賃と指定席券だけで贅沢な観光列車に乗れるという料金のお手軽さ。そしてさらにお得に乗る方法まであるのです。 今回は全行程235kmを約5時間かけて移動するロングライド、初めてのリゾートしらかみ乗車体験を解説を交えてお伝えします。

道の駅高田松原で奇跡の一本松とご当地商品【岩手観光スポット】
2022年 · 2022/07/31
陸前高田市を襲った東日本大震災の津波でただ一本だけ流されずに残った松。これが「奇跡の一本松」として大きな話題を呼んだのをご存知ですか?あの一本松は今どうなっているのだろうか!?三陸ツーリングの際に初訪問してみました。...

龍飛崎と日本で唯一の階段国道【青森観光スポット】
2022年 · 2022/07/23
国道なのに階段。もちろん自動車は走れるわけもなく、歩行者のための国道という珍スポット。日本で唯一の「階段国道」が青森県津軽半島の龍飛崎にあります。かねてから行ってみたいと思っていたわけですが、実際に行ってみると…。...

盛駅|列車とバスが同じホームに乗り入れる珍しい駅【岩手観光スポット】
2022年 · 2022/07/11
鉄道で入線した列車と、車道で入線したバスが、同じホームで横並びになる。おそらく全国に2か所しかないだろうちょっと珍しい駅、それがが岩手県大船渡市にある盛駅です。 ちなみにもう一つは気仙沼駅ですが、ホームで見学するのに入場料がかかります。その点、盛駅なら入場自由!さらに一望できる跨線橋もあり!あくまで軽~い気持ちで寄り道はいかがですか?

さらに表示する