雨天まんだら クセのない春旅行 vol.16

ここは地獄なのだろうか・・・?

それとも天国なのだろうか・・・・?

いったい・・・・・。

 


 

4月26日は生憎の雨天。

であるならば今日は移動少なめで富山市付近で活動しようとやってきたのが『立山博物館まんだら遊苑』。

一部では「地獄のディズニーランド」と称する人もいたりする公営のスポットらしい。

が、受付のお姉さん曰く「お化け屋敷とかそういう怖いところじゃなくて、光と音で表現がテーマなんですよー」。

屋内は撮影禁止で屋外は雨のせいであまり写真を撮りませんでした。

なので写真はあえて載せませんが、地獄と天国をモチーフにしたアートスポットという感じです。

地獄の印象ばかりピックアップされているようですが、天国エリアのほうが立派でお金かかっています。

 

僕の評価としては・・・・是非行ってみてください!

立山に遊びに行ったついででもいいんで寄ってください!!

料金は400円ですがそれ以上の価値はあると思います。

東京だったら1000円は超える施設じゃないかと思います!!

 

地獄エリアの後に天国エリアを経て最後は母胎を抜けて新たに現世へ

ここが最後に通り抜ける母胎の道です。

 

 

 

僕もすっかり転生できました。

まるで綺麗なジャイアンのような清々しい気分で再出発です。

 

 

立山にある有名なコンビニといえば立山サンダーバード!

特に自家製のサンドイッチとおにぎりが有名で種類がとにかく豊富。

登山客の方が朝に立ち寄って買っていかれることが多いとか。

そして店前の自販機が強烈にUCCを推しています。

今はもう少なくなった個性的な小規模商店という感じで今後共頑張っていってもらいたいところです。

 

 

で、ここでariさんと絶望少女さんと付き人さんが会いに来て下さいました。

わざわざこんな山の遠いところまで・・・ありがとうございます!

手土産まで頂いてしまって重ね重ねありがとうございます。

あ、写真撮らせて頂くのを忘れました。

 

 

ではここからはさっくりと行きます。

立山から海側へ戻る途中珍しい自販機を発見!

カロリーメイトやらアルフォートやらハッピーターンなどが売られています。

新湊大橋を渡ってドラえもんトラムを見に行きますが、時間がちょっと余っていたので海王丸パークにてライトアップをチラリ。

 

 

ドラえもんトラムは新湊大橋のすぐそばにある終点・越ノ潟駅で見学です。

 

 

 

ここで昨夜遊びに来てくださったうさふーさんと再びお会いして夕食です。

有名なカレー屋という「カシミール」さんへ。

まず何に驚いたかってお店がプレハブ・・・・?

仮設住宅的な建物で「えっ!?」と一瞬戸惑う僕。

 

 

どうやらこのあたりは中古車を扱い業者が多く、その関係でロシアや中東系の方が多く住んでいるとか。

なるほど、どおりで店内の日本人が僕とうさふーさんしかいないわけだ!

この後入ってきたロシア人のお客さんがパキスタン人の店員さんと日本語で注文の受け答えをしている三カ国融合の瞬間も目撃できました。

 

カレーはサラダとナン付きで800円が多く、むしろ値段考えるのがめんどくさくて全部800円にしているのじゃないか説が僕の中で浮上。

お水のピッチャーもシールを剥がしていません。

こういう感じはお店の様子とマッチしていて面白くて好きです。

 

 

二人ともマトンカレーを注文、+タンドリーチキンを1つ。

出てきたサラダの格差がまた面白い。

 

 

かたや豆がたっぷり、もうかたや豆が0!

同じカレーの注文なのになんだろうこの格差は!!

 

マトンカレーがやってきました。

ナンが大きくて皿に乗り切っていません。

というかもうはみ出てテーブルの上にくっついています。

 

 

この大雑把な感じがまた面白くて好きだったわけですが、なんと味はしっかりと美味しい!

しかもラム肉も大きいのがいっぱい入っています。

これで800円はかなり安い!!

って思ってたらドリンクサービスでマンゴージュースまで出してくれました。

富山でお寿司を食べるのもいいですが、ここでカレーを食べるのもいいと思います!

連れてきて頂いた上にごちそうまでしてくれたうさふーさんにまたまた感謝です!

カシミールの場所はこちら!

 

 

あ、この時あまみさんも途中から来てドリンクだけ飲んでいかれましたがその話は割愛しとこ。