· 

俺のじゃじゃ|チータンが違う!最上級のじゃじゃ麺【岩手・盛岡グルメ】

じゃじゃ麺は岩手県盛岡市の三大麺の一角として位置づけられる郷土料理。

ただ他の2つが有名すぎてやや日陰な存在になっている印象です。

盛岡といえば冷麺とわんこそばって人が多いですもんね。

 

しかし僕はじゃじゃ麺を一番に推したい!

今まで食べたじゃじゃ麺の中で1番美味しかったのがここ「俺のじゃじゃ」です。

 

 

じゃじゃ麺を初体験したのは発祥の店としても有名な白龍。

正直な感想は「んー、まぁこんなもんか…」とそこまで。

その後も何軒か食べてみるも評価は大きく変わらずといった感じでした。

 

そしてようやくたどり着いたお気に入りの店がここというわけです。

その要因の1つとして、ここには他のお店とは違った特徴が!

 

メニューはシンプル

じゃじゃ麺を食べずして何を食べる!?

チータンはほぼ必須、詳細については後述しますのでよくご覧ください。

 

 

じゃじゃ麺 中盛

上から順に「肉味噌・ねぎ・きゅうり・麺」、皿のサイドに「しょうがと紅しょうが」

至ってオーソドックスなじゃじゃ麺スタイルです。

 

 

じゃじゃ麺の食べ方解説

図解付きでわかりやすい説明があるので初めての人でも大丈夫。

この食べ方はどのじゃじゃ麺屋さんでもほぼ共通です。

 

さらに実際に僕が食べた様子で解説していきましょう。

じゃじゃ麺を食べる時は絵的に綺麗とは言えませんが味は間違いなしです。

 

  1. ラー油や酢を好みでかけ、ショウガとにんにくを入れて混ぜる!

 

  1. 味見をしつつ調整してお好みの味になったら頂きます!

麺は太めの平麺でうどんに近い感じ、うどんで代用もできるそうです。

だるんと柔らかいお店もありますがここのはもちっと食感の麺で美味しい。

 

  1. 少しだけ麺を残した状態で一旦ストップ、ここに生卵を投入!
    (卵はテーブルに置いてあるのを勝手に入れてOKです)

 

  1. 卵をかき混ぜたら店員さんに「チータンお願いします」と声をかける!

 

  1. 店員さんがこの皿を持って厨房へ、熱々の汁が注がれて戻ってくる

 

この状態をチータン(チータンタン)と呼びます。

  1. チータンを味噌・塩・こしょう・ラー油などでお好みに仕上げて食べきる!

 

以上、じゃじゃ麺の基本的な食べ方でした。

お会計は中盛+チータンで680円になります。

 

 

チータンの汁について

チータンを頼んだ際に注がれる汁は「麺の茹で汁」というのが一般的。

そばつゆをそば湯で伸ばして飲むような感じです。

 

しかし、俺のじゃじゃは違う!

 

注がれるのは味のついていない茹で汁ではなく、味付きのスープ!

正直普通のチータンってなんか味気ないというかコクがないんですよね。

〆だからそれで良いという考えもありますが僕としては物足りない…。

注がれるのがスープとなれば旨味がしっかりなのでより美味しい!

 


俺のじゃじゃ

住所

岩手県紫波郡矢巾町大字西徳田第6地割168

営業時間

11:00~20:00

定休日

月1不定休

駐車場

あり


今回のグルメ以外にもおすすめグルメはたくさん!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。