· 

2023年 八戸三社大祭 開催情報と現地解説|日程・駐車場・場所・スケジュール・見どころ・トイレ

東北地方が一年で最も熱気を帯びる夏祭りシーズン。東北の夏祭りは面白い!ここでは青森県八戸市にて開催される絢爛豪華な「八戸三社大祭」について、開催概要と効率的に楽しむための経験談をお伝えしていきます。

動画

八戸三社大祭ってどんなお祭り?面白いの?という方は実際に現地で観覧してきたこちらの動画をご覧あれ!なんとユネスコ無形文化遺産にも登録されているのですよ。

 

形を変えたり煙を吹いたりのギミックが発動し、夜間運行では光も加わりきらびやかに。この豪華さは現地で見てみたい?では観覧のための開催情報をどうぞ!

 

 

八戸三社大祭 観覧情報

開催スケジュール
日程
  • 2023年7月31日~8月4日の5日間
    ※毎年同日開催
イベント
  時間 行事 会場

7月31日

前夜祭

18:00~21:00 山車展示・お囃子

市役所前広場

中心街

8月1日

お通り

13:30

15:00~19:00

出発式

神社行列・山車運行

おがみ神社

市役所~中心街

8月2日

中日

11:00~

13:00~14:00

14:00~16:00

18:00~21:00

長者山新羅神社例祭

おがみ神社中日例祭

加賀美流騎馬打毬

中日 / 夜間山車運行

長者山新羅神社

おがみ神社

長者山新羅神社

市役所~中心街

8月3日

お還り

15:00~19:00 神社行列・山車運行 鍛冶町~中心街

8月4日

後夜祭

18:00~20:00 山車展示・お囃子

市役所前広場

中心街

前夜祭・後夜祭

7月31日の前夜祭と8月4日の後夜祭では、八戸市役所前広場や中心街にてライトアップされた27台の山車が一斉に展示されます。間近で豪華な装飾を堪能することができるほか、お囃子との競演が行われます。なお、山車の運行は行われません。

山車合同運行

三社大祭一番の見所が8月1日・2日・3日に行われる山車の合同運行です。八戸市中心街を27台の絢爛豪華な山車が運行し、山車に組み込まれた仕掛けが動く様子を沿道から鑑賞できます。

 

お通しとお還りでは山車の運行の他に、神社行列にて虎舞・神楽など多彩な郷土芸能の数々も見どころとなります。また中日は夜間運行となり、ライトアップによってきらびやかで違った雰囲気の山車となります。

お通し運行ルート(8/1)

市役所前スタート(先頭15:00・最後尾17:05)➡ ゴール(先頭16:20・最後尾18:40)

中日運行ルート(8/2)

市役所前スタート(先頭18:00・最後尾19:20)➡ 時計回りに中心街一周 ➡ 三日町交差点ゴール(先頭19:30・最後尾20:55)

お還り運行ルート(8/2)

鍛冶町スタート(先頭15:00・最後尾17:00)➡ 三日町交差点ゴール(先頭16:25・最後尾18:45)

おすすめの観覧場所 

運行される山車には高くなったり、幅が広がったり、スモークを出したりなどの仕掛けが施されています。そのため山車が全力を発揮するには道路幅などが必要となるわけで、それは必然的に国道340号線の表通りとなります。有料観覧席も表通りに設置されます。

 

有料席は歩道の一部のみでそれ以外は無料で見れるスペースとなりますが、最前列で見たいならば場所取りは必要となります。しかしそこまで大混雑というわけでもないので極端に早くこなくても大丈夫です。観客の入れ替わり結構もありますので、そのタイミングで前に出るということも可能です。

 

表通りの一本南にある裏通りでは山車を間近に見ることができ、表通りに比べて観客も少ないのですが、下の写真のように道路幅が狭く窮屈です。

 

そのため山車に搭載している仕掛けを使えず、言わば羽を閉じたような状態のまま運行していくことが多くなります。山車の全力を見るためにも、可能であれば表通りで観覧するのが良いでしょう。

加賀美流騎馬打毬

中日(8/2)の14時から長者山新羅神社にて行われる騎馬打毬も一見の価値あり。騎馬武者が紅白に分かれ、馬上から毬杖を使って毬を拾ってゴールの毬門に投げ入れる競技で、東洋のポロとも呼ばれる古典スポーツです。

 

すごく盛り上がるとまでは言いませんが、なかなか見ることができない競技です。貴重な機会ですので夜間運行の前に時間があるようでしたらぜひ観覧に!会場までは中心街から約1km・徒歩15分ほどです。

露店・飲食エリア

期間中は市役所庁舎前の広場に露店が集まるエリアが登場します。ここではご当地要素のあるお店も出店しており、観光客にはなかなか興味深いグルメゾーンとなっています。

 

その他にも射的・ヨーヨー釣り・かたぬき・お化け屋敷などもあり、大人も子供も楽しめる感じになっているのが好印象。

観光拠点

観光の拠点とするならば街の中心部にある八戸ポータルミュージアムはっちです。

 

ここには観光案内・飲食店・お土産店・休憩所・トイレ・無料コインロッカーなど観光客的にありがたいもの揃っており、お祭り前に準備を整えるのにも最適な場所なのです。

駐車場

臨時駐車場として長根総合運動公園が開放されますが、会場からは遠い上に1回700円なのであまりおすすめしません。それよりも会場に近くの市街地エリアにもっと良い駐車場があるのでそちらを紹介します。

  • タイムズさくら野百貨店八戸店[Map]
    自走式立体駐車場で駐車後24時間の最大料金600円。台数も326台と多く、第一候補にすべきはここです。交通規制によって出入りが出来ない時間帯があるので注意。
  • タイムズTPS[Map]
    一部屋根付きの二階建て駐車場で駐車場24時間の最大料金600円。タイムズさくらのが交通規制の場合はこちらへ。
  • タイムズ八戸番町第2[Map]
    自走式の屋根付き駐車場で196台と台数も多め。料金は当日24時迄で最大500円。交通規制の影響も受けません。
各会場と駐車場の位置関係

各会場間の移動は全て徒歩圏内、公共交通機関を利用する必要はありません。

比較的穴場なお祭り

八戸三社大祭は他の東北夏祭りと比べて、観光客の数も少なめで観覧しやすいお祭りだという印象です。ホテルの高騰も少ないですし、非常に訪れやすいと言っていいと思います。青森市の場合、ねぶたの時期はホテルが高騰どころか壊滅的な状態ですからね。

 

青森ねぶたもすごいですが、三社大祭の山車はねぶた以上のお金がかかっているような。そんな絢爛豪華さがあるのにもかかわらず、ちょっと穴場感もあるので東北夏祭りツアーの行程に組み込んでみるというのはいかがですか?

関連記事
2024年 奇祭!近江八幡左義長まつり開催情報|日程・スケジュール・駐車場・場所・アクセス・出店
>> 続きを読む

2024年 さっぽろ雪まつり徹底ガイド!全会場レポート|日程・アクセス・駐車場・出店
>> 続きを読む

2024年 旭川冬まつり×ドラゴンクエスト 開催情報と会場レポート|日程・駐車場・花火・スケートリンク・出店など
>> 続きを読む

2024年 愛知の奇祭「鳥羽の火祭り」開催情報と現地レポート|日程・スケジュール・駐車場・会場アクセス
>> 続きを読む

2024年 西大寺会陽『あと祭り』開催情報と現地レポート|日程・駐車場・アクセス
>> 続きを読む

最新の記事
ヤスダヨーグルト Y&Yガーデン|ワッフル!パイ!アイス!ここだけの限定スイーツ多数!【新潟・阿賀野グルメ】
>> 続きを読む

2024年 奇祭!近江八幡左義長まつり開催情報|日程・スケジュール・駐車場・場所・アクセス・出店
>> 続きを読む

2024年 さっぽろ雪まつり徹底ガイド!全会場レポート|日程・アクセス・駐車場・出店
>> 続きを読む

蓮華院誕生寺奥之院|世界最大級の梵鐘の鐘撞きに参加【熊本観光スポット】
>> 続きを読む

2024年 旭川冬まつり×ドラゴンクエスト 開催情報と会場レポート|日程・駐車場・花火・スケートリンク・出店など
>> 続きを読む

サイト内検索