· 

函館公園のミニ動物園と桜【北海道観光スポット】

函館市で桜と言えば五稜郭公園が有名ですが、函館公園もなかなか良い場所なのをご存知ですか?しかも博物館・ミニ動物園・ミニ遊園地まである!そんな函館公園は観光客よりも地元の人達が集まる憩いの場です。

 

桜まつりの期間中は公園内の中央大噴水広場に露店が出現。

 

ちなみに五稜郭公園では花見ジンギスカンを楽しむことが可能。花見や海水浴でのバーベキューは道民あるあるという豆知識もお伝えしておきます。

 

函館公園内の桜は約400本。五稜郭公園と比較すると全然少ないのですが、それでもなかなかの見応えはありますよ。そこまで混雑しませんし、動物園と遊園地まである。小さなお子さん連れの花見なら五稜郭より函館公園でしょう!

函館公園 動物施設

函館公園内にあるミニ動物園は入園無料!夜間は一部閉鎖されますが時間内ならば出入り自由です。(公園は24時間出入り可能)

 

ちなみにこの施設にいる動物たちは全て保護されたものだそうです。

屋外展示
チャボ

日中は地面、夜は木の上で過ごすという小型できゃわいいニワトリのチャボ。ニワトリって木の上にいるイメージが全くなかったので意外。

 

ウズラ

小粒で丸々としたボディが塩ビパイプの中に潜っていてかわうぃーね!

 

ミニチュアホース

一頭だけで寂しそうに見えますが、友達の金うんこがいるから大丈夫!なぜ金うんこを設置しようと思ったのかは疑問ですがこの遊びココロは好き。もしや子供ウケ狙い!?

 

ヤギ

非常に眠そうで目が半開きのまま呼吸だけしている白いヤツ。

 

『Googleでは約200頭のヤギを草刈り社員として雇用した』などと豆知識が書かれた解説ボードが園内各所に設置されているのがなかなか面白い!これを合コンの話のネタとしてうまく活用すればもしや…!?

 

クジャク

羽を広げていないのに美しい色合いのオスクジャク。しかし沖縄では持ち込まれたインドクジャクが野生化し要注意外来生物に指定されているんだとか。

 

ヤクシカ

桜の木の下で絵になるシカ。しかしエゾシカではなくヤクシカ、南国から遠路はるばるやってきたのですね。

 

アヒル

水の上をチャプチャプ泳いでいるアヒル達ですが彼らには知られざる事実が…

 

そもそもアヒルはカモだった!?アヒルは鴨を改良した種で漢字で書くと家鴨。合鴨とは真鴨とアヒルのハーフですって!?ご存知でしたか?

 

 

屋内展示

小動物達を見学できる屋内施設は完成してまだそんなに経過していない感じの綺麗さ。トイレや休憩所の役割も果たしている施設です。

 

1階は小鳥ルームが多め

セキセイインコの部屋には16羽。各所で愛を語り合っているじゃありませんか。

 

キンカチョウルームはさらに増えて26羽もいるもんだから語り愛の渋滞発生です。それにしてもキンカチョウは丸々していてかわいい。チャームポイントは尻でしょう!

 

エゾリス

一匹でポツンと食事に夢中のようです。

 

かと思いきや突如としてピタリ、遠い目で寂しそうな表情をしたまま動かない。まるで『俺だけ残してみんな出かけちゃったのか…』と休日に一人で家に残されたお父さんの嘆きのような哀愁です。

 

2階は爬虫類・両生類など

カエル・サンショウウオ・カメ・イグアナなど好き嫌いが分かれそうなゾーンです。

 

だけどドラゴンボールはここにあるかもしれない。

 

 

動物ヘルメット

なんだこのシュールなヘルメットは…、動物を模したユニークな記念撮影用手作りヘルメットじゃないですか!いくつか設置されていたのでこれは紹介せずにはいられない。

ニワトリ

これをかぶって世界のニワトリの鳴き声をモノマネしてみよう!

 

って書いてあったので実践してみました。ヘルメットは大人サイズなので恥ずかしがる必要なんてない!

 

ヤクシカ

戦国武将・山中鹿之介を連想させるヤクシカ角ヘルメット。ついているのは本物の鹿の角なので、これをかぶればシカの気持ちになれるチャンスです。

 

シカの気持ちはわからないけれど、こんな角のある兜で戦へ行くには邪魔だっていうことだけはハッキリわかりました。

 

ハクチョウ

首から頭にかけてだけではなく羽まで与えられた力作。

 

今こそ白鳥の舞を会得する時!

 

カエル

唯一すっぽり顔が覆われるフルフェイスヘルメットです。これならナポレオンズの芸を習得できる!

 

自分が見つけたのはこの4種類でカエルは屋内展示の2階入口、残りの3つは屋外の各動物前に設置されています。良い子のみんなは忘れずにかぶって記念撮影してみよう!

駐車場

函館公園には無料駐車場が用意されています。路面電車の線路を挟んで2ヶ所ある「駐車できる場所」と書かれたところに駐めてOK(下図)

 

利用時間は8時半~19時までの間で、それ以外の時間は出入口が施錠されるので注意です。

 

 

動画

 

動画にも登場しましたが、函館公園にはミニ動物園だけではなく日本最古の観覧車という貴重なものまで存在しています。観覧車には乗ってこそわかる面白さがあるので見るだけではなく実際に乗ってみることをオススメしますよ!

 

◆日本最古の観覧車の詳細についてはこちらのブログをどうぞ◆

函館公園 動物施設

住所

函館市青柳町17番地

営業時間

4月~10月|8:45~17:00
11月~3月|8:45~16:00

定休日

12月29日~1月3日

入園料

無料

所要時間

30分~1時間

駐車場

無料
公式URL https://www.hakodate-jts-kosya.jp/park/hakodate/animal
関連記事
シラフラ|全長500m!圧巻の白壁海岸線を歩く(近道)【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【解説】夏も冬も藻岩山登山!新日本三大夜景は昼の景色も綺麗【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

祝津パノラマ展望台|小樽の映えスポットはここ!海と生えるフォトフレーム【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

富良野以外で見るラベンダー!札幌では刈り取り体験や不思議な畑がある?【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【解説】函館山登山|徒歩40分で有名な山頂の景色へ【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

最新の記事
鬼ノ城|桃太郎が退治した鬼は山に棲んでいた!?【岡山観光スポット】
>> 続きを読む

【2022年】北海道のグルメフェス&イベント情報一覧【9月更新】
>> 続きを読む

【2022年】さっぽろオータムフェスト開催概要と現地レポート(日程・駐車場・出店・オススメなど)
>> 続きを読む

湯村温泉はコンパクト観光地!茹で体験と足湯を楽しむ【兵庫観光スポット】
>> 続きを読む

街角クレープ|賞味期限5分!?新食感クレープ【北海道・函館グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索