· 

メジャーな寒霞渓と穴場な大観望はどちらも絶景が待っている【小豆島観光スポット】

小豆島在住の方に島内観光ガイドをお願いし、全てお任せで連れて行ってもらった観光スポットを紹介しますシリーズ第4弾。

 

紅葉の時期には観光客が超絶押し寄せてくるという大メジャースポットの寒霞渓。対して絶景なのに穴場で超絶オススメしたい大観望展望台をセットでご紹介します。

寒霞渓

寒霞渓はロープウェイの他に車でも登って行くことができます。車なら無料ですが、紅葉最盛期ならロープウェイに乗りたい。空中から一望する寒霞渓は圧巻に違いない。

 

寒霞渓はガッツリ観光地なので売店や食事処がしっかり完備されていますよ。オリーブソフトクリーム、オリーブ牛コロッケ、ふむふむ。

 

寒霞渓もみじサイダー、なるほど赤い。って「もみじの葉っぱエキス入り100%」とはどういうこと!?

 

サイダーにエキスを混ぜたら100%じゃないわけで、うーん…これは難解な日本語ですよ。

 

第一展望台からの景色

手前から寒霞渓、小豆島町、内海湾、四国大陸と見渡せます。秋には眼下の寒霞渓が一面色づくらしい、となれば想像するだけで絶景間違いなし!

 

第二展望所でかわら投げ

かわら投げというのは陶器の皿を投げて輪の中に通すアトラクションです。

 

天橋立などにもあって「かわらけ投げ」とも呼ばれています。投げたかわらが輪の中を通るとご利益あり!しかしここの輪は遠くて難易度が高いのです。

 

公衆トイレ

一見なんの変哲もないトイレに見えるでしょう?でもここのトイレは平成2年に一億円を投入して建てられたゴージャストイレなのです!

 

その特徴としては当時としては画期的だった冷房・ウォシュレット・床暖房完備!

 

ゆゆゆ、床暖房?

 

靴を履いているのに床暖房にする意味はあるのか?そういう意味でもトイレに床暖房とは画期的。温かいのかを確認するために床にタッチしてみると…ほんのり小豆島の人達のぬくもりを感じた。本当に床暖房が効いています。

寒霞渓

住所

 香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168

所要時間

20分 

入場料

展望台|無料
ロープウェイ|大人往復1890円

駐車場

無料
公式URL https://www.kankakei.co.jp

大観望展望台

寒霞渓からは車で8分ほど西へ行った所に四方指園地場所という公園があります。交通機関がないため車がないと厳しい場所ですが、ここからの展望は強くオススメしたいとっておきスポットなのです!

 

この場所の高さは776m。市街地からは770mも一気に登るため、なかなかの急斜面。自転車で登るのは超ハードなので文明の利器であるエンジン付がやっぱり良いですよ。道中には野生のサルが出ることもしばしば。

 

園地には四方指展望台がありますが、そちらではありません。150mほど東側にある大観望展望台のほうがオススメスポット!

  

これは映える、写真じゃなくて心に映える。開放感が気持ちがイイ!

 

ここから寒霞渓も一望できます。

 

寒霞渓に向かってYポーズ!これは高得点が期待できそうです。

 

寒霞渓は紅葉の人気スポット。それをここから一面が色づいているすごい景色が見られるのでは?いやーここはすごくいい場所だからミシュランガイドには知られたくない!でもみなさんにはお伝えしたい!

 

大観望展望台はさすがは地元民ガイドという穴場の絶景でした。ネックになるのは車がないと来れないという点ですね。やはり小豆島を観光するならレンタカーがベスト!

大観望展望台

住所

香川県小豆郡小豆島町神懸嶮岨山乙1117

所要時間

15分 

入場料

無料

駐車場

無料
関連記事
亀老山展望公園|しまなみ海道の絶景!来島海峡大橋展望スポットへの行き方【愛媛観光】
>> 続きを読む

天空の道・四国カルストの絶景と安全な行き方【高知・愛媛観光スポット】
>> 続きを読む

落ちるな危険、佐田沈下橋【高知観光スポット】
>> 続きを読む

道の駅 小豆島オリーブ公園|魔女の宅急便を再現撮影【小豆島観光スポット】
>> 続きを読む

メジャーな寒霞渓と穴場な大観望はどちらも絶景が待っている【小豆島観光スポット】
>> 続きを読む

最新の記事
【解説】函館山登山|徒歩40分で有名な山頂の景色へ【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【解説】駒ケ岳登山で標高900mから大沼国定公園を展望【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

とん汁 枡形|極めてシンプルなのに超絶品【静岡・磐田グルメ】
>> 続きを読む

大黒屋 函館五稜郭店|美味くて安いが大人気のジンギスカン専門店【北海道グルメ】
>> 続きを読む

六花亭 漁火通店|大きなガラス越しに広がる海が映える【北海道・函館グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索