· 

落ちるな危険、佐田沈下橋【おすすめスポット】

  沈下橋とは?   

土木用語では潜水橋と呼ばれるもので、河川の増水時に橋が水の中に沈む・潜ることを前提に作られている橋です。

特徴としては橋に欄干がない!(あってもかなり低い)

理由は沈下時の水の抵抗を減らして橋が流されないようにするため。

また、流されても作り直しやすいようにという狙いです。

高知県以外にも全国(主に西日本?)に点在していますよ。

 

 

自動車も渡りますのでハンドル操作を誤るとすぐに川の中にドボン・・・なんてことも?

全国に点在する沈下橋の中でも有名なのが高知県四万十市にある佐田沈下橋

四万十川に架かるこの橋は自然と相まって綺麗な光景が見られるのです、それがこちら!

 

 

ご覧の通り橋の欄干がありません、ツルンとしています。

佐田沈下橋の正式名称は今成橋、造られたのは1972年、全長291.6m、幅4.2mで沈下橋としては大きい部類の橋です。

四万十市街地からも車で約15分と比較的アクセスもよし。

ただし、バスはあるけれど不便だそうです。

駐車場あり(下地図のP)

 


 

上の写真は沈下橋の中ほどから撮影したものですが、反対側を見るとこんな感じです。

やはり全体にわたってツルンとしています。

増水時はここが川の中に沈むのですね。

 

 

橋が部分的に広くなっている所は??

これは車と人や自転車がすれ違うためのスペースです。

ちゃんと車だって渡るんですよ!

 

 

写真をご覧の通り車同士のすれ違いは無理です!!

でもこれを見ると幅が4.2mもあるようには見えませんね。

広くなっているすれ違いスペースの箇所で、なおかつ白線内ではなく本当に橋の両端の幅が4.2mってことでしょうね。

実質的な通行可の部分は最大で2.5~3.5mといったところでしょうか。

 

橋の両端にはわずかばかりの凸があるのですが慰め程度。

ハンドル操作を誤るとドボーーーンっていうのがお分かりいただけましたか?

とは言え、普通に運転できる方なら問題なく渡れる幅はありますよ。

 

 

遠景で見てもツルンと平らに伸びているのわかり、河原におりて下アングルからも一望できます。

これが周囲の自然と相まって非常にかっこいい。

札幌のミュンヘン大橋よりもかっこいい。

 

 

 

川原に降りると遊覧船乗り場。

シーズンになると屋形舟運行するようです。

 

 

 

下から橋を眺める。

うん、欄干がないからスッキリ。

歩くカップルも映えるってもんです。

 

 

 

橋に座って語りあるカップルも映えるってもんです。

 

 

 

えぇ、僕はぼっちで来ていますよ。

 

 

僕の初沈下橋が佐田でしたが、これ以来「沈下橋」と聞くと渡りたい!

という衝動にかられる体質になってしまったのは言うまでもありません。

 

 

その他の沈下橋

 

佐田沈下橋は景色もよく楽しみやすい橋です。

しかしそんな優しい沈下橋ばかりじゃないんですよ!

例えばこれは同じ高知県の梼原町で探し出した沈下橋。

 

 

さすがに細かった!!

多分、幅2mくらい、長さ10mくらいです。

でも自動車も渡れる造りなんですよ?(渡る人がどのくらいいるかはわかりませんが)

※ここを渡ろうとするのはオススメしません!!

 

 

 

沈下橋、楽しいですよ、沈下橋(心の句)