· 

常|550円とは思えない高クオリティのラーメン【北海道・札幌グルメ】

「ラーメンは安くて美味しものであるべき」という店主の信念を元に、550円からラーメンを提供しているそうです。もちろん具材がないとか手を抜いているとかではなく、むしろ手が込んでいる。それでいて税込550円ですよ?

 

 

札幌豚骨ラーメン常

お店の名前は常(じょう)、場所は羊ヶ丘展望台入口の隣にある建物の1階でローソンを目印にするとわかり易いでしょう。店舗前には共用の駐車場があります。

 

札幌豚骨ラーメンとありますが、豚骨だしスープという意味で九州の豚骨ラーメンとは全然違いますのでお間違いなく。鳥スープやカツオスープもあるので実際は豚骨メインというわけでもありません。

 

この日の限定はレモンラーメン。日替わりで限定ラーメンがある時ない時があります。この日の怒豚骨と鶏白湯は特濃ですって。

 

 

注文方法
メニュー

まずは入口すぐそばにある券売機で食券を購入しますが、メニューが豊富で悩ましい!基本となる「合わせ味噌・塩・醤油」は各550円、鶏白湯の塩と醤油は650円、怒豚骨は750円。その他トッピングやチャーシュー丼などもあります。

 

無料のトッピング

席について食券を渡す際にトッピングについて聞かれます。このトッピングの種類もなかなか豊富で悩ましい!

 

 

合わせ味噌+焼みそ仕立

合わせ味噌に「みそ・背脂・ニンニク・魚粉を焼いてモヤシと玉ねぎ」の焼きみそ仕立をトッピング。

 

具材

ネギ・メンマ・きぐらげ・もやし・玉ねぎ・チャーシュー1枚・焼き味噌とその上に生姜というしっかりさ。これで550円ですよ?

 

札幌らしい森住製麺のプリシコ麺。

 

スープ

焼き味噌を溶かして混ぜると味噌の香ばしさに加えて魚粉の香りもが強く、背脂も加わっているのでコクと味も濃い目。

 

これが550円ってかなりすごい!

気に入って気になったので他の味も試してみたい欲求の発生です。

 

 

醤油+鶏油

二度目の訪問時はノーマルの醤油でいきましょう。『スープは豚骨と鶏のどちらにしますか?』と聞かれ一瞬悩みます。豚骨ベースに背脂、もしくは鶏スープに鶏油という無難な組み合わせで・・・いやあえて豚骨と鶏油の組み合わせにチャレンジ!

 

具材

ネギ・チャーシュー1枚・きくらげ・メンマ、そしてトッピングの鶏油です。玉ねぎとモヤシは焼き味噌特典なのでここにはナシ。

 

これは合わせ味噌と同じ

 

スープ

スープはいわゆる家系の豚骨醤油ラーメンと同じ方向性の香りがします。欲言えば豚骨がよく出ている、でも家系が苦手な人には不向きかも。鶏油の効果は豚に負けてかあまりわからなかったので背脂にすべきだったかも。

 

割りスープ

この時がたまたまだったのかもしれませんが、麺をすするだけでもしょっぱい!さすがに食べ続けるのが厳しかったの『薄めるスープってもらえますか?』と聞いてみたところ『はい、割りスープですね~』と快く用意してくれました。『足りなければまたおっしゃってください』とも。

 

割りスープだけ飲んでみるとちゃんと塩分のない豚骨出汁スープ。これで薄めれば美味しくなーる。味噌の時も少ししょっぱめだったので、割りスープが頼めると知った今後はより美味しく頂ける!

 

 

総評
550円は破格

札幌のお店でこのレベルのラーメンが550円というのはほぼ存在しないのでは?さらに無料トッピングも充実していて自分好みにカスタマイズできるのも良い。

 

接客が良い

割スープもそうですしトッピングも丁寧に受け対応してくれます。良い意味で街のお母さんといった感じ。

 

個人的ランキング

今後も他の味を試してみようと考えているので暫定順位を記しておきます。

1. 味噌+焼き味噌

2. 豚骨醤油+鶏油

住所

北海道札幌市豊平区福住三条10-3-2

営業時間

11:00~20:00

定休日

火曜(祝日の場合は翌日)

駐車場

無料あり
関連記事
最新の記事
おっぱい岩|天草ジオパークが生み出した奇岩【熊本観光スポット】
>> 続きを読む

赤穂大石神社|忠臣蔵の四十七士が勢揃い【兵庫観光スポット】
>> 続きを読む

高田本山専修寺|三重県唯一の国宝建造物【三重観光スポット】
>> 続きを読む

最大斜度37%!国道で酷道の暗峠をハイキングで超える【大阪奈良観光スポット】
>> 続きを読む

福島県喜多方|地元民に観光ガイドしてもらおう5
>> 続きを読む

サイト内検索


今回のグルメ以外にもおすすめグルメはたくさん!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。