· 

盛駅|列車とバスが同じホームに乗り入れる珍しい駅【岩手観光スポット】

鉄道で入線した列車と、車道で入線したバスが、同じホームで横並びになる。おそらく全国に2か所しかないだろうちょっと珍しい駅、それがが岩手県大船渡市にある盛駅です。

 

ちなみにもう一つは気仙沼駅ですが、ホームで見学するのに入場料がかかります。その点、盛駅なら入場自由!さらに一望できる跨線橋もあり!あくまで軽~い気持ちで寄り道はいかがですか?

盛駅(JR&&三陸鉄道)

三陸鉄道の起点&終点であり、BRTの起点&終点でもある盛駅。BRTを簡単に説明すると、東日本大震災で廃線となった線路跡地を専用の車道にしてバスを走らせるシステム「Bus Rapid Transit」の略です。

 

北はここ盛駅から南は宮城県登米市の柳津駅を結んでおり、約100kmにも及ぶ長距離の路線バスなのです。全線制覇するのは結構大変そうですが、気仙沼での乗り換え一回でいけちゃうそうです。

 

跨線橋から駅を眺めてみると線路と専用車道が並行しており、ホームを共有しているのがよくわかります。これは初めて見る光景。

 

それではホームへGO。到着したバスが乗客を降ろし終えたタイミングでちょうど列車も到着。これは貴重な共演シーンでは!?

 

段差を極力なくし、スムーズな乗り換えができるレイアウトになっているのがよくわかーる。バスは奥に進んで転回し、出発に合わせてまたホームに入ってきます。

 

ホームをつなぐ跨線橋は昔の名残。現在でも使用できますが、ほとんどの人が横断歩道を使います。そりゃあ必要ないならアップダウンしないですよねー。

 

盛駅から気仙沼駅へと旅立っていくBRTをお見送り。車道は基本1車線分の幅で、各所にすれ違いポイントがあります。

 

一般道と交差する所には踏切が設置されていたりと、田舎での新しい交通機関の可能性をBRTに見た気がします。ちょっと勉強にもなる面白スポットでした。

JR盛駅

住所

岩手県大船渡市盛町内ノ目

所要時間

15分

入場料

無料

駐車場

無料
公式URL https://www.jreast.co.jp/railway/train/brt/system.html
関連記事
最新の記事
マンホールカード第18弾(全41種)追加と配布場所マップ
>> 続きを読む

【2023年開催決定】さっぽろ雪まつり開催概要と全会場レポート(日程・場所・駐車場・出店など)
>> 続きを読む

カップヌードルミュージアム大阪池田で世界で唯一のカップヌードル制作【大阪観光スポット】
>> 続きを読む

丹頂|リピート確定!茶碗蒸しらーめんとは?【大阪グルメ】
>> 続きを読む

十割そば会|店内製麺で大盛無料!ハイコスパ蕎麦チェーン店【福島・郡山グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索