· 

祝津パノラマ展望台|小樽の映えスポットはここ!海と生えるフォトフレーム【北海道観光スポット】

小樽ではどこを観光したらいいのか?と聞かれることが時々あります。買い物や飲食ならば堺町本通り、景色ならば小樽運河や天狗山あたりが定番ですが、自分は祝津パノラマ展望台をオススメしたい!これが比較的穴場なのですよ。

祝津パノラマ展望台

行き方が少しわかりにくいので説明します。まず目指すのはおたる水族館。駐車場とミニ遊園地の横をそのまま素通りして裏手の山へと一本道を登っていきます。するとすぐにロータリー状の広場が出てくるので、そこが祝津パノラマ展望台です。

 

不安な方はホテルノイシュロス小樽をナビにセットすると良いでしょう。その少し下にあるのが展望台。車がない場合はおたる水族館までバス、そこから歩いて500mちょっとです。

 

おそらく小樽で最も広く綺麗に海が見えるのがここでしょう!伊達にパノラマを名乗っていませんよ。

 

眼下には日和山灯台、鰊御殿、さらには水族館のトドプールなども丸見え。鳴き声も聞こえてきたりします。

 

視線を左へずらしていくと一面の海。そして180度回ったところに近年新しく設置されたフォトフレームがあります。透明アクリルパネルに描かれた翼ということは、フレームの裏に回れば海を眺める天使になれる?小樽市が映えを狙った!

 

よく見るとこの翼を構成するのは羽毛ではなくニシンの群来。小樽要素を盛り込んだのはナイスアイディア。

 

日中の青い景色も綺麗ですが、海に沈む夕日も綺麗に見えるのがパノラマ展望台。三脚を携えてやってくる人も結構います。

 

実はフォトフレームが本領発揮するのがこの時間帯。夕陽と重ねるためこの位置に設置されていたのです。翼の生えた自分を夕陽と撮影するもよし、夕陽に翼を生やすのもよし!

 

あぁ~今日も一日が綺麗に終わってゆく…。

 

と哀愁に浸った後は夜の小樽運河へ。という小樽観光コースはいかがですか?

小樽祝津パノラマ展望台

住所

北海道小樽市祝津3丁目

営業時間

24時間

定休日

年中無休

入場料

無料

駐車場

無料
関連記事
【2022年】さっぽろホワイトイルミネーション開催概要と現地レポート(日程・駐車場・出店など)
>> 続きを読む

道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

羊蹄山を眺めるならここ!ぐるり一周ビュースポット探し【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【2023年】定山渓温泉雪灯路の開催概要と現地レポート(日程・駐車場など)
>> 続きを読む

【2022-2023年】星野リゾートトマム・アイスヴィレッジは冬限定の異空間【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

最新の記事
【2023年開催】解説!奇祭・豊橋鬼祭は粉まみれに注意!鬼には過酷な試練が・・
>> 続きを読む

【2023年】さっぽろ雪まつり開催概要と全会場レポート(日程・場所・駐車場・出店など)
>> 続きを読む

マンホールカード第18弾(全41種)追加と配布場所マップ
>> 続きを読む

カップヌードルミュージアム大阪池田で世界で唯一のカップヌードル制作【大阪観光スポット】
>> 続きを読む

丹頂|リピート確定!茶碗蒸しらーめんとは?【大阪グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索