· 

2024年 八幡まつり(近江八幡の火祭り) 開催概要|日程・スケジュール・駐車場・会場・屋台出店など

滋賀県近江八幡のお祭りと言えば左義長まつりが有名ですが、実は他にもすごい春祭りが行われているのです。それでいてさほど混雑もせずに観覧しやすい穴場的でオススメのお祭り。それが近江八幡の火祭り「八幡まつり」です。

 

初日が松明まつり、2日目が太鼓まつりという形式で開催される八幡まつり。この松明まつりのフィナーレである松明奉火における、燃え盛る巨大な炎の大迫力と熱気たるや他の火祭りとは一線を隠すレベルなのです!

八幡まつり 松明奉火の迫力

奉納される松明は大小30本以上、大きいものは10mを超えるという大スケール。その巨大松明を間近で観覧するための場所移動も融通が利くため、燃え盛る炎の熱気と参加者の熱気のどちらもアッツアツに感じられるのです。

 

是非みなさんにも一度体感してもらいたい!

 

と、文章でいくらオススメしたところで伝わらないのはごもっとも。ならば百聞は一見に如かず、お祭りの様子をダイジェスト動画にしたのでご覧ください。

  

おや・・・?

少し興味を持たれたようですね?

現地で迫力を味わってみませんか?

 

そんな方のために観覧情報をまとめました!参考になれば幸いです。 

令和6年 開催概要

日程・時間・スケジュール
期間 2024年4月14日(日) ~15日(月)
備考 毎年4月14日・15日の日付固定
4/14 宵宮祭(松明まつり)

08:30

大松明結い

13:00

子供松明奉火
19:00 神役太鼓の宮入
20:00 松明奉火

4/15

本祭(太鼓まつり)

10:00

例祭

15:00

各郷大太鼓・神役 宿入り
16:00 大太鼓渡り

見どころとなる松明奉火は20時から22時までということになっていますが、実際は23時位までかかったりと結構長丁場。観覧場所は結構簡単に確保できるはずですので、ゆっくり20時くらいに会場に到着しても大丈夫でしょう。

会場・場所・アクセス
会場 日牟禮八幡宮 (ひむれはちまんぐう)
場所 滋賀県近江八幡市宮内町257
入場料 無料
駐車場 臨時駐車場あり
鉄道 近江八幡駅~徒歩30分
駐車場

日牟禮八幡宮前の駐車場はお祭り会場となるため使えません。そこでお祭り時に駐車できる場所を2か所ご紹介します。

  1. 市営小幡観光駐車 / 1日510円
    松明まつりの日は利用時間が22時まで延長されますが、終了が23時くらいになることもあるので注意。
  2. 市営多賀観光駐車場 / 1日500円
    日牟禮八幡宮まで徒歩8分ほど。日中は有料駐車場ですが、松明まつりの夜間は係員さん不在のままゲートが半分開放されています。地元の方々も利用していますし、自分も2年連続で利用。23時でも駐車場の出入りが可能だったためお祭りを最後まで見届けられます。ただし公式サイトなどに明記されているわけではないので自己責任で!
食事処や屋台

日牟禮八幡宮の境内に食事や遊びなどの屋台が20店舗ほど出店するほか、周辺には飲食店もあります。しかし飲食店は夕方で閉店するところが多いので注意が必要。コンビニは徒歩10分とやや離れていますが、ジュース自販機は近くにあります。

注意点・その他

ものすごい勢いで巨大な松明が燃えるため、熱くて近づけないほどにもなります。衣服に火の粉が降ってきて穴が開く可能性あり、煙の匂いはほぼ確実に染みつくという点は考慮したほうがよいでしょう。

余談

八幡まつり期間は桜の開花シーズンと重なることもあります。会場となる日牟禮八幡宮の隣の和菓子屋さん「たねや」の前や八幡堀周辺にはきれいな桜が!

 

ちなみに「たねや」の焼きたて「つぶら餅」は絶品です。八幡まつりの時期に合わせて限定の桜つぶら餅が販売されます。 

 

繰り返しになりますが、労せずして大迫力の火祭りが楽しめる「八幡まつり松明奉火」は穴場でオススメ!日中は花見と観光、夜は松明でどうですか?

最新の記事
新潟せんべい王国を調査!国王はばかうけ?【新潟観光スポット】
>> 続きを読む

国上寺|BL!?歴史ある寺院の壁に描かれた絵はまさか・・・ボーイズラブ!?【新潟観光スポット】
>> 続きを読む

西尾の大かかし|有名キャラが田んぼの守護神!2023年は電気ネズミ?【愛知観光スポット】
>> 続きを読む

2024年 北海道神宮例祭(さっぽろ祭り)開催概要|露店・駐車場・神輿渡御・行事スケジュール
>> 続きを読む

2024年 YOSAKOIソーラン祭り要点ガイド|全会場一覧と開催概要「演舞時間・駐車場・アクセス」
>> 続きを読む

きのとや 極上牛乳ソフト|濃密でコク深い驚愕のタワー【北海道・札幌グルメ】
>> 続きを読む

ポピーとよさか|レトロ自販機を求めて訪れたら・・・暗っ!【新潟グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索