· 

たねや|絶品!焼きたて香ばしいつぶら餅【滋賀・近江八幡グルメ】

これは最も好きな和菓子かも知れない!

 

見た目はたこ焼き?でも絶品和菓子!滋賀の餅米を使った「つぶら餅」

 

名前の通りにつぶらな餅を近江八幡の「たねや」で是非食べてみて頂きたいのです!

 

 

たねや日牟禮乃舍

たねやはバームクーヘンで有名なクラブハリエと同じ会社が運営する和菓子店で、各地に数十店舗展開していますが、つぶら餅が買えるのは1店舗のみ!

 

それが滋賀県近江八幡市にある「日牟禮乃舎」になります。

  

たねや日牟禮乃舎の場所は近江八幡市の日牟禮八幡宮の隣。向かい側にはレンガ造りのクラブハリエもあり、合わせて日牟禮ヴィレッジと呼ぶようです。水郷観光や八幡山ロープウェーなどの観光と合わせて利用するのにも最適ですよ。

 

春には綺麗な桜が咲き、絵になる店舗。駐車場は明確な線引などされていませんが店舗前に縦に停められます。

 

 

店内の様子

店内は右側がお土産、左側がイートイン。つぶら餅は入ってすぐに目に入る大きなガラスの中で焼かれています。昔は全自動たこ焼き機で焼かれていたのは本当の話。

  

つぶら餅は1個80円、2個以上から

焼き場の左側で購入しますよっと。自分はいつも2個か3個で注文しています。

 

つぶら餅を舟にのせてもらい、支払いを済ませて受け取ります。基本的には焼きたて熱々なのですが、たまにぬるいのだったりします。「熱いのを」とお願いすれば応えて頂けるはずですよ。

  

古民家風の座席

つぶら餅を持って奥の席へ。混雑時以外はお好きな席へどうぞと案内されるはずです。

  

季節によっては軒下にテラス席も用意されています。小春日和はこの席が気持ちいい。 

 

寒い時期は囲炉裏席が暖まる~。席に着くと店員さんがお茶を持ってきてくれます。この時は小豆茶でした。 

 

ちなみにお茶はこの薪窯で沸かしたお湯を使って淹れています。店員さんの接客は丁寧でお茶のおかわりも巡回して注いでくれますよ。

 

 

つぶら餅

つぶら餅はご覧の通り綺麗なまんまる。 断面は絵面が汚くなるので割愛しまが、あんこが厚さ5mmほどの餅で包まれているとイメージしてもらえばOK。 

  • 噛んでみるとカリッと食感!
  • 軽く焼き色がついた餅は、これがなんとも香ばしい!
  • 餡もさることながらこの焼き餅が美味しい!

 

 

季節限定のつぶら餅

実はノーマルのつぶら餅以外にも期間限定つぶら餅もあるのですよ。年に2回、お祭りの時に合わせて販売されます。 

黒蜜きな粉つぶら餅(2個200円)

つぶら餅の上に黒蜜、そしてきな粉。きな粉が粉というより砕いたナッツみたいな感じになっていて食感もカリッ。毎年3月中旬の土日に開催される「左義長まつり限定」で販売されます。

  

桜つぶら餅 (2個200円)

桜の花の塩漬けと餡がのったつぶら餅。毎年4月14日・15日(日付固定)に開催される「八幡まつり限定」で販売されます。

 

桜の花と餡がのったつぶら餅。

限定のつぶら餅はどちらも2個200円也。

毎年4月14日・15日(日付固定)に開催される「八幡まつり限定」で販売されます。

 

 

持ち帰りも可

つぶら餅は6個1パックになった持ち帰り用もありますが、まずは店内で食べてみてください!なぜなら冷めると香ばしさや表面の食感が一気にダウンしてしまうから。持ち帰って食べる場合はオーブンで焼き直しがおすすめですよ。

 

たねや 日牟禮乃舍

住所

近江八幡市宮内町3

営業時間

9:00~18:00(17:00L.O.)

定休日

年中無休

駐車場

店舗前
公式URL https://taneya.jp/shop/shiga_himure_taneya.html
関連記事
最新の記事
恵盛庵|馬籠宿の古民家で頂く自家製粉手打ちそば【岐阜・中津川グルメ】
>> 続きを読む

ドミニクドゥーセの店|評判のカヌレとはいったい?【三重・鈴鹿グルメ】
>> 続きを読む

竹生島|聖武天皇から始まった琵琶湖に浮かぶパワースポット【滋賀観光スポット】
>> 続きを読む

伊吹山ドライブウェイで滋賀県の最高地点へ【滋賀観光スポット】
>> 続きを読む

万葉|コスパ抜群の近江牛焼肉専門店【滋賀・栗東グルメ】
>> 続きを読む



今回のグルメ以外にもおすすめグルメはたくさん!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。