· 

養老天命反転地|落ちるな危険!の奇抜なアート公園【岐阜観光スポット】

養老天命反転地はかつて何人ものつわもの達が犠牲になってきたというアートスポット。

ナメるな危険、本当に怪我するぞ!?

 

これは脅しではなく、実際に怪我をした1人が私である!

ただし自分の不注意が悪いのであって施設に問題はありません。

 

そんな因縁の地に再訪問したのは2019年の真夏。

直前まで雨が降って地面が濡れて滑りやすい上にかなり蒸し暑い。

そんな悪コンディションの中で今回こそは用法を守って正しく安全に使用します!

入場受付

養老天命反転地のある養老公園は入園無料ですが反転地は有料です。

入場料は大人770円・高校生510円・小中学生310円。

※高校生以下のみでの入場は不可

※2020年7月17日まで補修工事のため団体料金(大人530円)で入園可能

※補修工事中は立入禁止のエリアがあります

 

コインロッカー完備でチケット売場の前に設置されています。

利用料はどのサイズでも1回100円。

 

ミュージアムショップでは靴とヘルメットの貸出もしています。

ヘルメットを着用している人はほぼいませんが「滑るぞ危険・転倒注意!」なんです。

養老天命反転地記念館

入場してまず現れるのがこの建物。

広い反転地内でトイレがあるのはここだけなので注意!

 

記念館といっても資料展示されているわけでもなく、黙ってアートで語る館です。

その内部がこちら。

 

説明書き等は無いので各々で感じ取ってください。

あっ閃きました、天地を反転させてみよう。

 

違和感が仕事を放棄した

 

そうそうトイレですが・・・

奥まったところにあるわけでもなく、作品の一部としていきなり扉になっています。

外国人が間違って扉を開ける事案が発生しそうな予感。

 

もちろんトイレ内部も作品の一部です。

 

中庭のような場所に出るとそこは…因縁の地。

かつての僕が落下事故を起こし、女の子に悲鳴をあげられた現場です。

た、立入禁止になっている!?

 

以前は上に行くことも可能だったんです。

そして僕は通路となっている段差部分の存在を忘れたまま横断しようと左から右へ

 

すとーん↓↓下へ

 

 

この高さ約2mの瞬間移動に何が起こったのかを一瞬では理解できず…

 

キャー、大丈夫ですか!?

 

扉の前で叫ぶ女の子を見て、「あ、落ちたんだ」と理解できました。

大丈夫です大丈夫です!

うっ・・・左腕に大きな擦り傷、そして出血。

 

キャーー、血が出てる、ティッシュ!

 

何が恥ずかしいって、単に落下したことより女の子の叫び声でみんなから視線を浴びること。

女の子以外には見られていなかったのに・・・落下事故を周囲に告知されてしまいました。

という事故があったから立入禁止になったとか?

あの時は事を穏便に済ませたはずだったのに!

 

ともあれ今回は無事に乗り切りあの日のトラウマに Say good bye!

「慢心は最大の敵」をいつも心に Say hello!

昨日の敵は今日の Friend!

昆虫山脈

記念館を抜けるとそこは大きな石が積み上がった山。

慢心するな!滑落するぞ!

なぜ昆虫山脈という名前なのかは全くわかりません、それを感じないのは僕のアート力不足か。

 

頂上には手押しポンプが設置されていて実際に水が出ます。

極限で似るものの家

手前の穴に落ちると自力では登れないくらい深いので本当に気をつけましょう。

この家の屋根の形は岐阜県、よく見ると屋根や壁や床に他県の地名が書かれています。

ここを中心として園内に日本が広がっているわけです。

 

内部は迷路のように狭い通路が入り組む。

 

非常に住みづらい居住空間が現れた。

 

ベッドは壁で真っ二つ、天井なんてあってないようなものなので汚れ放題です。

でも極限だからこれでいいんです、多分。

すり鉢状で壁に囲まれたエリア

このエリア全体の呼称がないので便宜上「ウォールマリア」と名付けましょう。

ウォールマリアこそ養老天命反転地において滑る・転ぶの危険エリア!

すり鉢の中に様々な作品が配置されたアスレチックゾーンです。

このように濡れていると斜面をずり落ちることもあるので要注意です。

 

すり鉢の縁を反時計回りに登って最上部を目指します。

ハァハァ…太陽は隠れているものの真夏の高温多湿が体力を奪う。

高い場所から眺めるとウォールマリア内は起伏に富んだ地形とアートなのがよくわかる。

 

濡れた地面で滑りつつ…進路を選びを慎重に…最上部付近到着!

周囲を覆う高い壁はまるで進撃の巨人。

あの壁の向こうからひょっこり顔が出てくる可能性も否めない。

 

ひと休みしていこうにもこの家具配置じゃ全然休まらないので先へ。

今度はすり鉢内部を探索していると茂みの中に不自然な黄色を発見!

 

細い通路のようだが…入りますか?

 

 入る

入らない

 

 

 

暗い!

 

奥まで進むも行き止まりでこれだけ?

しかし、天から降り注ぐ光の先を見上げると…

 

日出る国ジパング

 

このアートの意図はちゃんと僕のセンサーでも探知しましたよ。

明けない夜はない、ここに安らかに眠る。

 

 

ところであの壁の上に登ってみたくありませんか?

行けるんですよ。

壁の上へ

ウォールマリアの上には壁づたいにぐるっと回っていくことになります。

壁外調査ならぬ壁上調査です。

 

すれ違うのも大変な狭い通路をぐーっと登っていきます。

 

5分後の君へ・・・ここが終着点。

 

ここからだと壁に囲まれた様子がよくわかります。

壁に穴は空いてないか?・・・異常なし!

 

濃尾平野も一望、思えば遠くへ来たもんだ。

 

こんな奇抜な公営施設が養老天命反転地でした。

この中で鬼ごっこをしたら楽しそう、でも危なそう。

万が一ケガをした場合のためにミュージアムショップには救急箱があるので大丈夫!

いやケガをしないように気をつけて!

 

ちなみにですがここは女性に人気のスポットでもあります。

実際男性より女性客のほうが多い、そしてカップル率も高い!

あとは言わなくてもわかりますよね?

 

 

楽市楽座

養老天命反転地の中は食事処が一切なく、食事自体も禁止です。

その代わり反転地を出て少し登ったところに楽市楽座という施設があります。

ここでフードコート形式に食事をすることができます。

※反転地は半券の提示でその日の再入場可能なので一旦食事に出ることもOK

 

養老天命反転地のポイント

  • 歩きやすい靴で(ヒールは論外)
  • 暑い時期は飲料の持参必須!
  • むしろ夏場はあまりオススメしない
  • 所要時間は1時間半~2時間程度
  • トイレが少ないので注意

養老天命反転地

住所

岐阜県養老郡養老町高林1298-2

営業時間

9:00~17:00

定休日

月曜日(祝日の場合は翌日)
12/29~1/3

料金

大人770円 
高校生以下だけでの入場不可

駐車場

養老公園駐車場無料
公式URL https://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/


日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。