チンドン富山と砺波コーラ ~ 四国一周への道 vol.6

みなさんこんにちは、第64回全日本チンドンコンクール in 富山のお時間です。

「in 富山」と書きましたが毎年富山で開催なので常に「in 富山」です。

 

前回、富山ギャルズに紛れて並んで食したクレープブリュレ。

そのお店からすぐ近くにある富山のアーケード商店街がこの日のチンドン会場となります。

 

・チンドン開始まで15分くらい時間の余裕がある。

・クレープブリュレのあとで口の中が甘い

・雨天の影響で肌寒く体が冷え気味

 

以上3点から導き出される答えは・・・!?

「温かいコーヒーを飲もう」

 

しかししかし、アーケード街を少し歩くも簡単にコーヒーを飲めそうなお店がない。

ドトールとかマクダーノーとかセブンイレブンがない。

仕方ない缶コーヒーで我慢するか・・・・。

 

と、その時!目に飛び込んできた。

 

ぜんざい200円。

これは渡りに船、ぜんざいなら温かいでしょ!多分お茶もついてくるはず!

まさか沖縄のぜんざいみたいに氷あずきってことはないですよね・・・?

念の為店員さんに確認したところ、温かいぜんざいだということで1つお願いします。

 

でも口の中が甘かったんじゃ?

ん?なんのことですか??

 

簡単にさっと飲みたかったんじゃ?

ん?なんのことですか??

 

大丈夫ですって、ぜんざいはすぐ出てきますしお茶で甘さもすっきりですって。

ほら1分ほどで出てきましたよ。

 

 

え・・・これ200円でいいんですか?

あずきたっぷりと長方形の角餅が入ってました、しかも2つ。

 

ε-(´∀`*)ホッ

 

ごちそうさまでした。

これで200円はすごく安いなぁ~。

季節商品としていちご大福がプッシュされていましたが、いちご大福もお安めの価格設定でした。

そんな竹林堂さんの場所はこちら。

 


 

 

 

全日本チンドンコンクール

 

さてチンドンコンクールの始まりです。

先頭は東京藝術大学の方々で何やら前衛的な踊りをしながら行進してきました。

え・・・チンドン?

  

 

 

2番手は富山市まちなか観光案内所のみなさん。

鎧を着て行進です。

 

歩いてるだけ・・・だとっ・・・・!

 

 

 

チンドン・・・どういうことなの!!?

 

 

と心配になっていたらちゃんとしたチンドンがやってきました、これこれー!

 

 

 

そのうち仮装をしているチンドンもやってきます。

オスカル的な何かなのでしょうか?

ちなみにベルサイユのバラは世代ではないのでほぼわかりません。

 

 

 

和服を着たアラレちゃん。

まるでアラレちゃんのごとく純真無垢な笑顔です。

 

 

 

チンドンも見終わってさてどうしよう、時刻は16時。

まだ行ったことなかったから富山空港でも見学しますぅ~!?

  

ということでやってきた富山空港の駐車場にピットイン。

車を降りようとしていたその時、面白い情報が耳に飛び込んできました。

 

『コカコーラの鹿威し(ししおどし)が砺波市にあるよ!』

 

なんじゃそりゃーーー!

 

 

 

 

コカ・コーラのししおどし

 

 

富山空港・・・目の前にしてさよなら断念ホームランです。

やってきたのは北陸コカ・コーラ砺波工場

 


 

工場見学もできますが2日前までの予約制。

なのでこの日は見学できません。

いいんですよ、コカコーラの製造工程なんて・・・コーラのレシピ教えてくれるなら是非とも参加したいけど。

 

我々の目当ては工場の隣りにあるさわやかパークにありました。

とその前に見えてきたのは1本の木とそれを取り囲む王冠のモニュメント。

おそらく邪気を払うための魔法陣です。

 

 

 

今からみなさんに最も大切な言葉を伝えます。

今日はこれだけ覚えて帰ってください。

 

 

我々(僕たちはもう仲間じゃないですか)

 

 

 

ありがとう(感謝の正拳突き)

 

 

 

よろしければ(富山に行きませんか?)

 

 

 

あなたのご意見は?(メールフォームからご意見お待ちしております)

 

 

 

君はいい仕事をしたね(富山市まちなか観光案内所を応援しています)

 

 

 

私が間違ったことを認めます(炎上する前に謝罪)

 

以上、もっとも大切な言葉でした。

これでみなさんの人生がより潤うこと間違いなしでしょう。

 

 

発見しました、ししおどしです。

コーラ瓶とグラスのししおどし・・・このセンスは好きです!

 

 

 

北陸・信州限定缶?

買ってみましょうか。

 

 

 

なるほど、これは富山バージョンの缶デザインですね。

せっかくなので夢の共演をさせてみます。

 

 

何が富山デザイン?ってわからない方のために説明しますとこれは砺波のチューリップです。

あとでご紹介しますけれど、砺波ってチューリップが有名なんですよね。

 

 

ししおどしも無事見れたし暗くなってきたので帰りますかー。

そこに怪しい人影が近寄ってきた。

 

 

何、怖い、いきなり不審者に変な動きをされて話しかけられた!って思ったら「あまみさん」でした。

手には何やら紙を持っています。

 

紙の中身を見ると・・・・一時停止違反できっぷ切られてるーーーーーー!!

違反金7000円也。

 

 

人生初の交通違反切符だったらしく、お気の毒です。

でもこれも経験、こうして大人の階段を登るあまみさんでした。

そして大人になったあまみさんはそっと僕にマンホールカード2枚を差し出した。

 

 

 

前述した砺波のチューリップ、まだ時期的に早いのですが一応、念の為、万が一を考慮して行ってみました。

その名もそのまんま砺波チューリップ公園。

道の駅砺波の隣に隣接しているので道の駅を目指せばわかりやすいと思います。

 


 

チューリップタワーの後ろにあるチューリップ畑へ。

果たしてチューリップは咲き乱れているのでしょうか?

 

 

ですよねーー、万が一もなかった。

チューリップ公園から即リターン。

 

 

道の駅も見てみると時間が時間だけにほぼ閉店です。

レストランだけは営業していて、何やら富山的・砺波的な素材推しのようです。

夕食時ですから食べていきますか?ね?あまみさん。

 

 

 

メニューは富山のお米、富山の牛肉、富山の豚肉、砺波の玉ねぎ、砺波の大門素麺といった素材を使ったもの揃い。

 

 

さて僕は何を注文したでしょうか?

って聞くまでもないですよね。

 

 

 

 

温かい大門素麺の単品(たしか650円)です。

大門素麺って食べたことがなかったもんでちょっと気になって。

一体どんな特徴のある素麺なのでしょうか!

 

 

正直よくわからんかった。

ややコシが強めかな~という感じ。

やはり素麺素人の僕には難しかったか!!!

普段好んでは素麺食べないんでした、てへ。

 

 

まだだ、まだ終われねぇ!!

 

 

 

 

砺波玉ねぎを使ったカレーです。

ルーが壺に入って出てきた理由はよくわかりません。

らっきょうと福神漬が両方ついてくるのは珍しいですね。

 

カレーの味はもうあれから一ヶ月経ってるから覚えてない!!

今後はメモしておくかな・・・って思ったことすら忘れてそう。