· 

宇和海展望タワー|回転360度の絶景と紫電改【愛媛観光スポット】

はっきり言って超穴場スポットです。

こんなに良い景色なのにこんなに人がいないだなんて!

 

穴場の最大の理由は位置的に遠いってことでしょう。

でも近くに行ったら絶対に寄るべきだと思うんです。

 

 

あの赤白の縞模様が展望タワーです。

地上107mのタワーに登ることにより海抜260mの景色を360℃見渡せるという絶景スポット。

 


宇和海展望タワー

住所

愛南町御荘平城5688

営業時間

8:20~16:40

定休日

12/29~1/1

料金

440円

駐車場

無料
公式URL http://www.town.ainan.ehime.jp/kanko/sightseeing/zekkei/tenbo-tower.html


 

料金は440円とお手頃価格。

運行は20分毎ですが乗客が0なんてことも当たり前。

それが日曜日でもです!

自分一人で実質貸し切りなんてことも。

 

 

 

円形の展望室に乗り込み好きな席へ。

えぇ、ほぼ確実に空いているので座席選び放題。

 

 

乗客が自分1人の場合は係員さんとの二人っきり空間。

係員さんの近くに座るか反対側に座るかはあなたの自由!

この展望室が回りながらタワーを登って降りてくるという約6分の旅スタイルです。

 

 

人が少ないってことは景色はいまいちなんじゃないの?

料金が安くても景色も安いんじゃ意味がないし。

 

って思うでしょー?

あの頃の自分も面白半分で期待しないで乗ってみました。

 

 

晴れていれば間違いない絶景です!

 

 

細かく入り組んだリアス式海岸

 

緑あふれる山々の連なり

 

斜面に切り開かれた段々畑

 

川の浸食堆積によってできた狭い平地に沿って建ち並ぶ建物

 

 

写真ではわかりにくい場合はこちらの動画をどうぞ。

該当箇所の3分46秒から再生されます。

 

 

期待をいい意味で遥かに裏切る景色です!

この景色が440円です。

しかもお客さんが全然いません!

 

超絶穴場に納得していただけましたか?

是非この展望タワーに行ってみてください。

 

できるだけ早めに!

 

タワーの老朽化で閉鎖もそう遠くないと思いますので・・・

 

 

 

紫電改展示館

さらに、タワーのすぐ下に紫電改展示館もあります。

タワーに行く途中に通るので気づくはずです。

9~17時までで入館料は無料。

 

 

近くの海底40mに原型のまま沈んでいたものを引き揚げたそうです。

日本で唯一現存する機体なんですって。

それにしても綺麗なままの形で残ったものです。

 

 

と思いきや近くに寄ると無数の穴が。

見た目にもわかるペラッペラな薄い肉厚の機体ですから当然でしょうね。

 

 

二階に上がって見下ろすことも。

他にも戦争関連の資料展示がありますがそれは撮影NG。

 

 

 

ここでふと疑問に思う。

紫電改展示館にはぼちぼち人がいるのにタワーにはなぜいない!?

きっとみんな食わず嫌いでタワー登ってないな!?

 

みなさんは騙されたと思ってタワーに登ってみてください。ね!

 

今回の観光スポット以外にも良い・面白いスポットはたくさん!

グルメ&観光ガイドMap では全国の「おすすめグルメ」と「観光スポット」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。