· 

2024年 弘前さくらまつり開催情報|日程・駐車場・アクセス・花筏撮影スポット・出店・イベント

日本有数の桜の名所、日本三大夜桜の1つとして毎年非常に多くの人が訪れる青森県の弘前公園(弘前城)にて、2024年も「弘前さくらまつり」が開催されます。今年は早咲きの桜に対応するため会期が前倒しとなり、約3週間に及ぶロングラン開催。

 

ここではその開催概要「日時・スケジュール・駐車場・会場の行き方・イベント内容など」をお伝えしていきます。

2024年の桜見頃情報 は下記のとおりです。(2024年4月16日追記)

  • 外濠南側は4/16に満開宣言、東と北側は4/17に満開予想
  • 園内ソメイヨシノは4/18に満開予想
  • 桜のトンネルは4/19に満開予想
  • 花筏は4/20~24が見頃予想

令和6年 開催概要

公式サイト
🔗 https://www.hirosakipark.jp/sakura
日程・時間・スケジュール
期間 2024年4月12日(金) ~5月5日(日)
時間

弘前城本丸|7:00~21:00

植物園|9:00~18:00

露店・出店|9:00~21:00

ライトアップ|日没~22:00

会場・場所・アクセス
会場 弘前公園
場所 青森県弘前市下白銀町1
入場料 無料(本丸・北の郭・植物園は有料区域)
駐車場 周辺有料駐車場利用
公共交通 弘前駅~循環100円バス「市役所前」下車~徒歩4分

map

【画像出典:弘前観光コンベンション協会

駐車場

桜の見頃になると会場周辺は大混雑するため、常設の有料駐車場のほかに近隣の民家などが敷地を駐車場として有料で提供したりもしています。ただやはり利用するならば常設の駐車場か公式に開設される臨時駐車場をオススメします。

近隣常設有料駐車場

①弘前市立観光館駐車場

場所

弘前市大字下白銀町2-1

料金

最初の1時間無料

以後30分100円

24時間最大1000円

台数

88台

②弘前市役所駐車場

場所

弘前市大字上白銀町1-1

料金

最初の1時間無料

以後30分100円

1泊550円

備考

夜間22:00~7:00は入出庫不可

③弘前文化センター駐車場

場所

弘前市大字下白銀町19-4

料金

最初の1時間無料

以後30分110円

夜間1泊550円

台数

100台

備考

夜間22:00~8:00は入出庫不可

④津軽藩ねぷた駐車場

場所

弘前市大字下白銀町2-1

料金

さくらまつり期間中は1回1100円

台数

200台

時間

4月19日~5月5日 5:00~22:00

※上記期間以外は9:00~17:00

 

臨時有料駐車場

①桜大通り臨時駐車場

場所

弘前市元寺町1

料金

1回1000円

台数

40台

時間

4月19日~5月5日 8:00~18:00

②市役所旧上下水道部臨時駐車場

場所

弘前市茂森町40-1

料金

1回1000円

台数

50台

時間

4月20日以降の土日祝 8:00~18:00

③市民体育館臨時駐車場

場所

青森県弘前市五十石町7

台数

120台

 

臨時無料駐車場

①富士見橋臨時駐車場

場所

富士見橋上流

台数

400台

時間

4月15日~5月5日 9:00~18:00

備考

会場まで徒歩約20分

②岩木橋臨時駐車場

場所

岩木橋上流

台数

500台

時間

4月15日~5月5日 9:00~18:00

備考

会場まで徒歩約20分

露店・屋台・出店

広い弘前公園内に約200軒の屋台が出店します。いちご飴など縁日の定番屋台、生姜味噌おでんや黒こんにゃくなどの津軽のご当地グルメ、お化け屋敷や遊具施設なども登場し、子供も大人も楽しめる!北門側は特に出店数の多いエリアとなります。

まつり期間中のイベント

さくらまつり限定のイベントやサービスが行われるので一例を紹介します。

  • 西濠貸しボート(1艘 60分1000円)
  • 中濠観光舟(大人1500円・小学生1000円)
  • 与力番所抹茶接待(800円 抹茶とお菓子付)
  • 観光ボランティアガイド(無料)
  • 津軽フードフェスタ(追手門広場)
桜の特徴・見どころ

弘前公園内の桜の数は約2600本。その育成には林檎の剪定技術を応用し、枝を切る弘前方式で管理することにより、枝が横に伸びて低い位置にボリューム感のでる桜となっているのが特徴です。

 

ソメイヨシノをはじめとした多種多様な桜が植えられている中でも、枝垂れ桜が多く見られるのも特徴。桜の近くで撮影できるスポットが多数あります。

 

天守や城門では『桜+お城』という鉄板の組み合わせを鑑賞できるほか、堀の水に反射する桜並木も美しい光景。

花筏(はないかだ)

弘前城の桜で一番特徴的な光景とも言える花筏。散った桜の花びらが外濠の水の上に浮かび、一面を埋め尽くす絨毯のようなその光景を撮影するために観光客だけではなくカメラ愛好家も多く訪れます。さらにまつり期間中は花筏撮影スポットも特別に開設されます。

 

花筏の見頃は外濠の満開日から3日~7日経過した頃。外濠では標準木よりも早く満開を迎えるため、例年だと4月20日~30日の間の3~4日間が見頃となっています。花筏の状況については公式サイトにて随時アナウンスしてくれていますのでご確認を。

 

以上、弘前さくらまつりの開催情報をお伝えしました。

最新の記事
西尾の大かかし|有名キャラが田んぼの守護神!2023年は電気ネズミ?【愛知観光スポット】
>> 続きを読む

2024年 北海道神宮例祭(さっぽろ祭り)開催概要|露店・駐車場・神輿渡御・行事スケジュール
>> 続きを読む

2024年 YOSAKOIソーラン祭り要点ガイド|全会場一覧と開催概要「演舞時間・駐車場・アクセス」
>> 続きを読む

きのとや 極上牛乳ソフト|濃密でコク深い驚愕のタワー【北海道・札幌グルメ】
>> 続きを読む

ポピーとよさか|レトロ自販機を求めて訪れたら・・・暗っ!【新潟グルメ】
>> 続きを読む

札幌ラーメンショー2024 開催概要と現地解説|全国の有名店が集結!日程・参加店舗・駐車場など
>> 続きを読む

金蔵製麺|深夜まで営業する貴重な吉田のうどん専門店【山梨・富士吉田グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索