· 

カクキュー八丁味噌の郷|塩キャラメルのような味噌ソフト【愛知・岡崎グルメ】

こんにちは、ソフトクリーム同好会です。ここは徳川家康が生誕した地、愛知県岡崎市。岡崎城から西へ870m(八丁)離れた場所で作られていたことからその名前が付いた八丁味噌。今回は名称使用権問題でも話題となった赤味噌がソフトクリームとなって登場です。

カクキュー八丁味噌の郷

江戸時代より八丁味噌を作り続ける老舗「カクキュー」の本社。

 

この日ここを訪れたのはマンホールカード目当て。そのため事前知識もなくやってきたわけですが、どうやら観光バスも訪れる団体さん御用達スポットのようですよ。この本社に付随した観光施設が「八丁味噌の郷」です。

 

偶然居合わせた数台の大型バスから降りた人たちが向かうのは…、なるほど工場見学か。予約なしの個人でも見学可能ですが、時間が合わなかったため今回はスルーで。

 

お食事処・売店・大型トイレも完備し、観光客の受け入れ体制はバッチリ!味噌煮込みうどんや味噌カツといったTHE赤味噌な料理もここで食べられるし、各種お土産も充実していますね。レジは団体さんで大賑わいの行列ですよ。

 

実は私、愛知の赤味噌のクセがちょっと苦手な部類なんですよね…。なので購買意欲は刺激されず、マンホールカードを頂戴しただけでこの場は失礼をさせて…

 

となりそうなところで目に飛び込んできてしまった…変わり種ソフトクリームの存在。それが八丁味噌ソフトクリームだったのです。

 

繰り返しますが愛知の赤味噌には抵抗があるのですよ。うーん、でもソフトクリーム同好会のネタとしては食べておくべきか…。犬山市の守口漬ソフトというクセの強い変わり種で痛い目を見た経験から、若干怯えながらのチャレンジです。

 

 

八丁味噌ソフト

カップorコーンはコーンを選択。ほんのり味噌色ブレンドのソフトクリーム!

 

ソフトの上にかかっているのは八丁味噌パウダー、後ろには「八丁」と書かれたクッキーが添えられています。

 

写真を撮っていた1分間弱ですでに溶け始めているぅー。 急ぎいただきまーす!

 

あ、八丁味噌の香りが…

 

あまりしない…。結構ミルクの風味がしっかりしていて、確かに塩キャラメルに似た味わいです。あ、ほんのり味噌の香りがした。これはパウダー効果かな?ソフトクリーム自体は赤味噌の強いクセはほとんど感じず、全然食べやすいじゃないですか。

 

特徴的なのは口当たり。かなりなめらかな仕上がりで、本州ではあまりお目にかかれないなめらかソフトです。それゆえこの溶けやすさだったのですね。11月中旬で気温約10℃だったのにですよ?

 

変わり種で個性的な味を期待する人には少し拍子抜けかも知れません。なにせソフトクリームとしては結構王道な、しっかりと美味しい一巻きなのですから!クセはないけどクセになるかも。

 

さらにクッキーが美味しい。おそらく八丁味噌を練り込んだものでしょうが、例えるならクッキータイプのピーナッツ煎餅に近いような?軽い食感と香ばしさでもう1枚欲しくなる!ただし赤味噌っぽさはさほど感じません。おそらくこのクッキーは売店で購入できるものでしょう。これ単体でお土産にいいかも。

 

リピートはアリ?ナシ?

もちろんリピートしますとも!ソフトクリームに並んでいたご老人が『ここのソフト高いなー』とこぼしていましたが、今の御時世でこの内容ならばむしろ安いくらいですよ。

カクキュー八丁味噌の郷 

住所

愛知県岡崎市八丁町69番地

営業時間

9:00~17:00

定休日

12月31日~1月2日

駐車場

無料
公式URL https://www.kakukyu.jp/facilities.asp
関連記事
稲取港朝市で金目鯛釜めし!炭火焼きもあってたまらない朝食を!【静岡・伊豆グルメ】
>> 続きを読む

内浦漁協直営いけすや|日本一の活アジ店で活真鯛!フライの虜に【静岡・沼津グルメ】
>> 続きを読む

カクキュー八丁味噌の郷|塩キャラメルのような味噌ソフト【愛知・岡崎グルメ】
>> 続きを読む

河内屋|行列必至の焼きたてふわふわどら焼き【静岡グルメ】
>> 続きを読む

まさかのコラボ!きゅうりのキューちゃんまんを実食【愛知・豊橋グルメ】
>> 続きを読む

最新の記事
大塩八幡宮|雨上がりに醸し出される異世界情緒の古刹【福井観光スポット】
>> 続きを読む

日本で唯一!?青森漁連のほたてソフトクリームを再調査【青森グルメ】
>> 続きを読む

栗の木テラス|香り抜群の新栗モンブランに衝撃を受ける【長野・小布施グルメ】
>> 続きを読む

不動院岩屋堂|600年の歴史を誇る三大投入堂の1つ!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

鳥取砂丘コナン空港|名探偵コナンが盛り沢山の空港はもはや聖地!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索