· 

西尾の大かかし|有名キャラが田んぼの守護神!2023年は電気ネズミ?【愛知観光スポット】

愛知県西尾市の田んぼでは巨大なカカシが守護神として君臨しているらしい。しかも某有名キャラクターの姿をしているというのです。何のキャラがどれほどのクオリティーなのか、気になりますよね?

 

実際に確かめるべく、Googleマップに示された場所に来てみたけれど見当たらない!?いったいどこへ?まさかもう稲刈りを終えたから撤去された…?

西尾の大かかし 2023

大かかしを探して広い田んぼの道路をぐるぐる。見通しの良いこの場所で巨大なかかしが見当たらないのはおかしい。かかしの役割を考えれば目立つ場所に設置されているはずなのに。

 

という先入観が発見の邪魔をしていたのです。360度を遠くまでよーく見渡してみると、北浜川の土手下に何か黄色の物体が見えるような?守護神は田んぼの真ん中ではなく隅の方に陣取っていたのです。

 

さてこの有名キャラクターは誰でしょう?この配色にギザギザしっぽのフォルム、もうおわかりですね?

 

ピカチュウ!

 

それにしてもなぜこんな隅に追いやられているのでしょうか?こんな場所ではかかしとしての仕事が捗らないですよね?

 

その答えはシーズンオフだから。8月~稲刈りが終わる頃までの期間はかかし本来のポジションである田んぼの中に設置され、その役割を終えた後の11月頃には新深橋右岸付近に移設されるのです。それがこの場所!

 

このピカチュウはこの地域の方々が中心となって作られたもので、そのスペックは『高さ5.7m・幅4.5m・奥行き5.4m・重量220kg』という力作。もっと手作り感満載の物を想像していましたが結構良くできた造形じゃないですか。

 

もはやかかしのイメージを覆す立派さ。実はもっとツッコミどころがあるものを期待して来たのに、なんて大きな声では言えません。

 

加えてすごいのは毎年キャラクターをリニューアルしているという点。2021年はドラえもん、2022年はアンパンマン、そして2023年がピカチュウ。2024年は何が登場するのか純粋な楽しみしかありません。

西尾の大かかし

住所

愛知県西尾市新在家町追羽

営業時間

24時間

定休日

年中無休

入場料

無料 

駐車場

なし
公式URL  
最新の記事
大塩八幡宮|雨上がりに醸し出される異世界情緒の古刹【福井観光スポット】
>> 続きを読む

日本で唯一!?青森漁連のほたてソフトクリームを再調査【青森グルメ】
>> 続きを読む

栗の木テラス|香り抜群の新栗モンブランに衝撃を受ける【長野・小布施グルメ】
>> 続きを読む

不動院岩屋堂|600年の歴史を誇る三大投入堂の1つ!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

鳥取砂丘コナン空港|名探偵コナンが盛り沢山の空港はもはや聖地!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

米澤たいやき店|軽快な食感と香ばしさが超絶品の天然鯛焼き【鳥取・倉吉グルメ】
>> 続きを読む

神子畑選鉱場跡|廃墟ノスタルジックな日本産業遺産【兵庫観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索