· 

ポピーとよさか|レトロ自販機を求めて訪れたら・・・暗っ!【新潟グルメ】

絶滅危惧種な存在になって人気が再燃しているレトロ自販機。新潟市にも設置している店舗があるというので訪れてみることになったのですが…、県道沿いにあるお店が見当たらない!?ナビに従ってきたけれど、あれ…行き過ぎてる?Uターンしてみたけれど、あれ?またまた行きすぎている?なぜ!?

ポピーとよさか

お店がすんなり見つからなかったのは夜に溶け込んでいたから。建物を照らす明かりがまるでなく、お店とは思えないほど超絶暗い外観なのです。交通量の多い県道沿いなのにこれ!?

 

お店だから照明でわかるだろうという先入観が2回の行き過ぎを誘発させたのです。しかも事前に暗いと聞いていたのにも関わらずです。想像の遥か上を行く事象に一抹の不安を抱えながら入店!

 

すると外観とは打って変わって店内はちゃんと明るいじゃないですか。入って右側がゲームコーナーで、昔ながらの対戦ゲーム機にパチンコパチスロが主体のラインナップはいかにもドライブイン的な雰囲気。

2台のレトロ自販機

左側が飲食エリアでテーブルと椅子も完備。お目当てのレトロ自販機は2台が絶賛稼働中!

 

1台はアルミホイルに包まれたアツアツが出てくるトーストサンドマシン。選択肢はチーズトーストかハムトースト、ともに200円です。年代物だけあってお金投入に関する注意書きがすごい。

 

もう1台がおなじみの麺類自販機。注文後に麺を温めて湯切りし、スープを注いで天ぷらを乗せる。これを約25秒で行うハイテクマシンなのです。ここでの選択肢は天ぷらそばか天ぷらうどんで、どちらも400円なり。

天ぷらそば

見た感じでは結構天ぷらが大きくなかなか本格的な印象。七味唐辛子は各卓上に設置されていますよ。

 

スープの色が透き通るほどに薄い。これは機械のエラー?それとも西日本のうどんスープに寄せて仕上げているのかな?そばうどん共用のスープでしょうし。

 

いや単に混ざっていないだけだった…。底から掻き回すと一気に色が黒くなりますので食べる前にはしっかり混ぜましょう。

 

ではいただきます!んー…、ゆで麺そば特有のボソボソ感…ではないぞ?モソモソというか少しネチョっとした食感がちょっと気になります。茹で方が足りないのかも?

 

つゆは甘め、出汁の香りはしますがそこまで強いわけではありません。天ぷらは野菜の甘味がしっかりとしたかき揚げで、ところどころにエビが香るのは桜えびかな?つゆとの相性も良くてなかなかいい出来です。

 

日中は直接注文もできる!

そばうどんはすぐ隣の台所で作っているため夕方5時までは台所からの産地直送を味わえるそうです。天ぷらそばが自販機よりも100円高いということは揚げたてが出てくるのかも?

 

とは言えレトロ自販機のノスタルジーを味わうのが醍醐味なだけに、自販機のボタンに手が伸びてしまう人が多そうな予感。

 

とにかく外観が暗いことが印象的なポピーとよさかに訪れるなら是非夜に。ナビをオフにして自力で探してみると、見つけた時の『これか!』が良い思い出になるはずです。でも24時間営業ではないんですよね。

ポピーとよさか

住所

新潟県新潟市北区内島見2545-2

営業時間

8:00~22:00

定休日

年中無休

駐車場

無料
公式URL  
最新の記事
大塩八幡宮|雨上がりに醸し出される異世界情緒の古刹【福井観光スポット】
>> 続きを読む

日本で唯一!?青森漁連のほたてソフトクリームを再調査【青森グルメ】
>> 続きを読む

栗の木テラス|香り抜群の新栗モンブランに衝撃を受ける【長野・小布施グルメ】
>> 続きを読む

不動院岩屋堂|600年の歴史を誇る三大投入堂の1つ!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

鳥取砂丘コナン空港|名探偵コナンが盛り沢山の空港はもはや聖地!?【鳥取観光スポット】
>> 続きを読む

米澤たいやき店|軽快な食感と香ばしさが超絶品の天然鯛焼き【鳥取・倉吉グルメ】
>> 続きを読む

神子畑選鉱場跡|廃墟ノスタルジックな日本産業遺産【兵庫観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索