· 

バイクの博物館!ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ【静岡観光スポット】

静岡県磐田市のヤマハ発動機本社工場。その一角にあるヤマハ発動機とその製品を紹介する企業ミュージアムが面白い!展示内容はヤマハのバイクがメイン。バイクに詳しいとは言えない自分が行っても楽しめたのですから、バイク好きならなおのこと。特にヤマハファンには聖地と呼ばれているとか。

YAMAHA Communication Plaza

「過去・現在・未来」と「コミュニケーション」をキーワードにしているコミュニュケーションプラザ(以下CPと表記)。展示は2フロアにも及ぶボリュームで見応えあり!なのにも関わらず入館無料!

駐車場と駐輪場

駐車場はCP前の道路を渡った斜め向かい側にあるお客様駐車場が利用できます。

 

もちろん二輪用の駐輪場もしっかり用意されておりますよ。お客様駐車場内またはCP隣の西駐輪場が利用でき、どちらも屋根付きというのが流石です。

 

 

1階
展示内容を詳細に紹介するとすごく長ーーーくなってしまうので、ここではざっくりとだけ取り上げていきます。現在の展示車両詳細は公式HPで確認することもできますよ。

 

まずは当時発売前だったMT-10SP・2022年モデルがエントランスを飾ります。

 

今の電動アシスト自転車ってこんなスマートになっていたのか…。

 

北米市場に投入されたRMAXというオフロード車。YouTubeで走行動画を見てみましたが、ものすごい道をガンガン進んでいきますねこれ。

 

お、トヨタの2000GTかっこいい!この色を生で見たのは初めてかも。

 

隣にはレクサスのLFA!?

 

ってなぜここにトヨタ車が?それは2000GTもLFAもヤマハがエンジンの製造開発に関わっていたからなのです。LFAに搭載されている4800ccエンジンがこちら。

 

バイクがずらり

ここに並んでいるのは比較的新しいモデルのバイクが中心のようです。

 

今後増えるかもしれない前二輪+後一輪の三輪バイク。

 

インドなどの新興国市場向けのバイク。

 

今は亡きセローの姿も…。2020年のファイナルエディションですね。

 

MotoGP界の英雄

この時は2021年に引退したバレンティーノ・ロッシを称える展示もいくつかあり、のちほどまた登場しますよ。

 

乗車体験

跨るだけなので特に…ですが白バイなどの実車を体感できるコーナーです。

 

こちらは運転シミュレーター。ちょっとチープですが一応簡単な音と振動も発生します。

 

電動アシスト自転車を実際に漕ぐことができるようですが、この時は調整中のため残念。バイクのシミュレーターよりもこれに乗ってみたかった!

 

ゴルフカートやバギーにも乗車OK!

 

バギーは実際に乗ってみると樹脂の部分が多く、思ったよりもおもちゃ感があります。これは軽量化のためなのかな?

 

出川哲朗の充電させてもらえませんか?コーナー。ビーノもヤマハですもんね。

2階

エスカレーターで2階へ。そこには三輪バイクトリシティに腰をかける志摩リンの姿が。この時は静岡県内各所にゆるキャンの波が押し寄せていたのです。そしてこの前を通ると作動するある仕掛けが…。

 

ここは資料室&休憩室。またレトロなスクーターがありますね。

 

という2階はヤマハの歴史を魅せる形の展示。初期のバイクやマン島TTへの挑戦などを知ることができます。

 

ロッシの歴代バイク #FOREVR46

そしてヤマハと歩んだロッシの歴史もここに。ヤマハに加入した2004年からのマシンが一挙大集合!館内で一番人気だったのはこのコーナーでした。

 

2階から吹き抜けを見るとそこには大きなチームロッシの横断幕。やはりロッシの扱いは別格なのですね。

 

年代別バイクの実車

1955年から年代別に見るヤマハバイクの歴史

 

70年代~

 

80年代~

 

現代のド迫力マシンまで。この給気口はなんか邪魔くさそうだけどどうなんでしょう?

 

F1マシン

1992年に投入されたジョーダン192というマシンで、ヤマハのV12エンジンが搭載されていたそうです。

 

車体にSHOEIの文字があるってことは当時のF1のヘルメットは…と思って調べてみたら、1998年の四輪撤退までプロスト、セナ、シューマッハ、ハッキネン、アレジなどそうそうたるドライバーに供給していたのですって。

 

 

動画

 

といったところがヤマハ発動機コミュニュケーションプラザの大まかな展示内容でした。これだけの展示が全て無料で見れるというのはかなりのもの。じっくり見ていたら2時間は超えてしまいます。

 

バイクに乗らない人でも、バイクに詳しくない人でも、まずは軽い気持ちで訪れてみればいいのです!

ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザ

住所

静岡県磐田市新貝2500

営業時間

9:00~17:00

定休日

開館カレンダー参照

所要時間

1時間~2時間

入場料

無料

駐車場

無料
公式URL https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp
関連記事
【2022-2023年】時之栖 ひかりのすみか|550万球のイルミネーションと高さ150mの噴水
>> 続きを読む

バイクの博物館!ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ【静岡観光スポット】
>> 続きを読む

道の駅とよはし|地元色強い品揃えが魅力!食の宝庫は大賑わい【愛知観光スポット】
>> 続きを読む

ふじのくに茶の都ミュージアム|茶飴の詰め放題に挑戦!土産も豊富【静岡観光スポット】
>> 続きを読む

粟ヶ岳かっぽしテラスと巨大茶文字【静岡観光スポット】
>> 続きを読む

最新の記事
おかしの館のあくつ|圧倒的安価で評判の洋菓子店【北海道・帯広グルメ】
>> 続きを読む

【2022-2023年】時之栖 ひかりのすみか|550万球のイルミネーションと高さ150mの噴水
>> 続きを読む

【解説】トリフィートホテル&ポッドニセコに宿泊体験
>> 続きを読む

道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

カレーハウスアパッチ|帯広の老舗カレーはインデアンだけじゃない!【北海道グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索