· 

水無海浜温泉|干潮時に現れる海辺の絶景露天風呂【北海道観光スポット】

潮が満ちると海に飲まれ、潮が引いた時に浴槽が現れる。という絶景露天風呂が北海道の函館市に存在するのでひとっ風呂浴びてきました!

 

名前は「水無海浜温泉」、函館から一番遠い函館といった場所にあります。中心市街地から約50km、車で1時間半ほどの場所。公共交通機関に期待してはいけません。

水無海浜温泉

駐車場

温泉の入口より少し先に20台ほど駐められる駐車場があるのでピットイン!

トイレ

温泉の入口前に公衆トイレがあるので、前もってトイレを行き忘れてても安心。参考までにですが、最寄りのコンビニまで車で約20分です。

更衣室

綺麗な男女別の更衣室も用意されています。男女があるってことはつまり…おわかりですね?水無海浜温泉は混浴!

 

函館市公式観光はこぶらには「オープンな環境なので水着が必要」と記載されていますが、現地には水着に関する記載は見当たりませんでした。

 

更衣室の中は脱衣するスペースと棚があるだけ。貴重品は湯船のそばまで持っていったほうがいいですね。というか湯船のそばで脱衣したほうが早いかも。

湯船は2つ

簡単な防波堤が設置されているのである程度の波なら問題ない構造。結構しっかり整備されていますが、野湯なので洗い場などはありません。

右側の湯船1

湯船までの道はある程度整備されていますが、靴やサンダルを履いて行ったほうが無難です。まずは分岐を右の湯船1へ。

 

看板の写真にもなっているのがこちらの湯船。濡れている場所は、めちゃくちゃ滑るので注意!!

 

思っていた以上に綺麗ですが、湯量が少なくて足首までしか浸かれないような?どれどれ…ペロッ、これは…!

 

ぬるい、ぬるすぎる!ここでは戦えない。

 

左側の湯船2

こちらは整備された道は途中までしかありません。その先は足場も悪くてもっと滑るので本当に要注意!さらには石の間にフナムシが大量なのでお覚悟を!

 

これはいい景色!晴れていればもっと…しかしこれでも十分いい味わいでしょう。おまけに誰もいないだなんてパラダイスだぜ!

 

こちらの湯船は先ほどの湯船よりも虫や草が多くて自然が溢れています。底にある石のサイズもバラバラで歩きにくい。湯船の中から死んだカニが数匹こんにちは!潮が引いた時に取り残されてお湯の熱にやられたのか…。

 

野趣あふれる湯船を見つめる同行者の立ち姿からは『本当にここに入るのか…』という心の声が聞こえてくるようです。

 

 

でも入るんですよねー!

 

 

お湯の温度はおよそ40~41℃、でも量が足りないので半身浴です。深い場所でも胸くらいまでなので座って肩まで浸かるのは厳しい。

 

でも肩まで浸かりたい…。

ポク、ポク、ポク、チーン!

 

座れないなら寝ればいいじゃない!

寝るのに深さ・温度がちょうどいい場所はありませんか!?

 

安心してください、ありますよ!

皆さんには特別にお教えしましょう。湯船の手前海側の角が温度・深さともに絶好の寝湯ポイント。

 

ここでゆったり、あぁ気持ちいぃ~

ただし寝湯スタイルはひょっこりひょうたん島となる危険性があるのでご注意ください。 

 

 

水位が高い時

後日、再訪してみた時は天気が晴れで気持ちがいい!しかし干潮に合わせて訪れたわけではないので左側の湯船は海の中に…。

 

階段を降りていくとご覧の通り。入浴不可の状態だとこうなります。

 

しかし右側の湯船はギリギリ湯船として機能している!?しかも夏場に訪れた時よりも10月中旬のこの日の方がお湯の温度が高い。海水は侵入しているけれど湯船に溜まっていた湯量も多かったということなのでしょうか?

 

入浴するつもりなく訪れたのですが、思わぬ好条件に衝動が抑えきれず…お湯頂きます!

 

動画

 

水無海浜温泉はどのタイミングで行くのが良いのか?2回目は海水が侵入してくるような水位での入浴でしたが、それでも干潮の時よりもいいお湯でした。そう考えると、干潮の少し後~湯船が沈むまでの間が湯量の多い時間帯のような気がします。

 

とはいえ、ここはお湯が気持ちいいというより環境が気持ちいい温泉です。泉質なんて気にしたら負けです。楽しい体験ができるのが素晴らしい!思い出活動、略して「思活」にバッチコーイの場所ですよ。

水無海浜温泉

住所

北海道函館市恵山岬

定休日

年中無休

料金

無料

駐車場

20台ほど無料
公式URL 入浴可能時刻表(函館市)
https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014041800107/
関連記事
道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

羊蹄山を眺めるならここ!ぐるり一周ビュースポット探し【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【2023年】定山渓温泉雪灯路の開催概要と現地レポート(日程・駐車場など)
>> 続きを読む

【2022-2023年】星野リゾートトマム・アイスヴィレッジは冬限定の異空間【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【2023年】支笏湖氷濤まつり開催概要(日程・駐車場・防寒など)
>> 続きを読む

最新の記事
おかしの館のあくつ|圧倒的安価で評判の洋菓子店【北海道・帯広グルメ】
>> 続きを読む

【2022-2023年】時之栖 ひかりのすみか|550万球のイルミネーションと高さ150mの噴水
>> 続きを読む

【解説】トリフィートホテル&ポッドニセコに宿泊体験
>> 続きを読む

道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

カレーハウスアパッチ|帯広の老舗カレーはインデアンだけじゃない!【北海道グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索