· 

藻岩山登山|新日本三大夜景は昼の景色も綺麗【北海道観光スポット】

藻岩山山頂から札幌の街を一望する景色は新日本三大夜景の1つとなりましたが、昼は昼で綺麗な景色を見ることができます。

 

山頂へ行く方法はロープウェイ、観光自動車道、登山のいずれか。藻岩山の標高は531m、歩いてもさほど大変ではないので今回は唯一無料で頂上まで行ける登山で行ってみることにしましょう。

 

登山ルートは5つ

  • 慈啓会病院前コース
  • 旭山記念公園コース
  • もいわスキー場コース
  • 小林峠コース
  • 北の沢コース

最も人気があるのが慈啓会病院コース、ついで旭山記念公園コースとなっています。ほとんどの人がこのどちらかのコースを利用する感じですね。

 

 

慈啓会病院前コース

標高約60mの登山口から531mの山頂を目指す「比高470m・全長2.9km」のコースで、所要時間は片道約1時間です。

 

 

登山口 
駐車場

登山口の前に2台ほど駐められるスペースとその横にある観音寺駐車場が利用できます。20台以上駐められますが休日は満車になることも。満車の場合は旭山記念公園コースにするのも一つの手です。

 

トイレと洗い場

登山口の前にはトイレとそして洗い場があります。ブラシが数本置かれているので下山後の靴の土を洗い落とせるのは助かりますね。

 

最大の注意点はクマ

初心者向けで危険な場所もない藻岩山の登山ですが、熊出没だけは注意!登山客が多いのでそこまでの心配はいらないと思いますが、周辺地域を含め年平均で数回の目撃情報があります。

 

 

登山スタート

スタートしてからしばらくの間は歩きやすく緩やかな道が続きます。人気コースのためすれ違う人も多く、ペット連れで登る人やトレイルランをしている人もチラホラ。

 

木の根が露出して凸凹になっている部分もあります、斜度はさほどないので至ってスムーズの登っていけます。

 

日本初のスキーリフト跡

1946年に設置された日本で初めてスキー用リフトは藻岩山にあったのです。リフトの全長は983m、支柱11基、2人乗りのイスが44個取り付けられていたそうです。ここまでで登り始めて20分。

 

面白いのが2人が背中合わせで乗っていたという点。この乗り方なら毎回リフトを止めて乗降していたということですよね。

 

ここまでは全体的に緩やか道のりでしたが、急で長い階段の登場です。ウォーキング気分だった息遣いがここで乱れる第1疲れるポイント!

 

馬の背(分岐点)

階段を登りきると旭山記念公園コースと合流します。スタートからここまでで約1.8km、約35分。

 

ベンチが3つほど用意されており、ここで休憩をはさむ人が多いようです。

 

各分岐点にはしっかりと案内板が設置されています。下調べをしていない人でも迷う心配はほぼ無しというレベルです。

 

45分ほど登ったあたりから路面の様子が変わってきます。岩の露出によって不安定で歩きにくい…、ここから山頂までが第2疲れるポイント!

 

大きい岩から小さい岩まで足の裏を刺激してきます。天然の足つぼマッサージで血行がよくなりそうですが実際は疲れます。靴底が薄いと痛くなるかも知れません。

 

ほぼ森の中、たまに木々のすき間から街がチラ見できる程度の景色としては正直退屈な道のりでしたが、登り初めて1時間でゴールが見えた!

 

 

もいわ山頂駅(展望台)

ケーブルカー山頂駅の屋上が展望台となっているのでもう少しだけ登ります。

 

展望台に入る前に

登山で靴についた土や泥などの汚れは落としてから入りましょう。屋外自販機の横に靴洗い用の水場とブラシが設置されています。

 

観音寺奥の院

山頂駅の隣にあるのが観音寺奥の院。慈恵会病院前登山口の駐車場はここへ参拝する人のため、ということなので利用者の方は参拝をお忘れなく。

 

 

展望台の景色

藻岩山からの景色の特徴はワイドに街を見下ろせること。

 

さっぽろテレビ塔、JRタワー、北海道大学、札幌競馬場、札幌ドームなど主要な施設はほぼ丸見え。下写真の奥にある白い点はつどーむ、街中にクマ出没で話題となったエリアがあそこです。

 

パノラマ撮影

こう見ると街の広さがおわかりいただけるかと思います。そしてこれが夜になると一面の輝きとなるわけです。実際はこれよりもさらに広範囲に渡っているので是非とも肉眼で!

 

恋人の聖地

ここもラヴァーズサンクチュアリーに飲み込まれており、ハート型の南京錠も…。ただここの南京錠は散乱しておらず、景観を損ねるまではいっていないのでセーフ。ちなみに南京錠は自販機で1000円!

 

夜景

ここを訪れた女性が次から次へと歓声をあげる新日本三大夜景がこちらです。

【↑画像出典:藻岩山ロープウェイ公式サイト

 

以上、昼も夜も綺麗な藻岩山からお伝え致しました。

 

 

藻岩山登山まとめ

登山道は24時間

夜間でもライトがあれば滑落などの心配はほぼなく、歩いて夜景を見に行くことも可能です。ただし夕方から早朝にかけては熊の活動が活発になるらしいので夜間の単独登山には注意。藻岩山での熊被害のニュースは記憶にありませんが念の為。

 

冬でも登れる

冬でも解放されているので登山している人もいますが、アイゼンなどの滑り止め装備は必須です。昔、スニーカーで遊びに行って幾度となく滑り落ちそうになった思い出あり。

 

持ち物と装備

冬以外は特別な物は不要です。

登山靴のほうが楽ですが、スニーカーでも大丈夫です。飲料は展望台でも購入できるので500mlペット1本あれば十分、持たずに登っても平気でしょう。

関連記事
最新の記事
ミルクの夢|口の中にチーズの香りが残るソフトクリーム【北海道・興部グルメ】
>> 続きを読む

海の中に建つ鳥居の間に沈む夕日が絵になる初山別豊岬金比羅神社【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

おこっぺアイス|軽さがすごい!酪農王国のJA直売ソフトクリーム【北海道・興部グルメ】
>> 続きを読む

いしちゃんキッチン|美味しい米農家のおにぎりが120円~ドライブスルー有【北海道・浦臼グルメ】
>> 続きを読む

鈴川港公園|富士山が近くで綺麗に見える隠れスポットはここ!【静岡観光スポット】
>> 続きを読む

サイト内検索


日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。