· 

青い池・四季彩の丘・白ひげの滝・十勝岳望岳台|美瑛観光モデルコースを提案【北海道観光スポット】

長い冬を抜けた北海道は「6月中旬頃」には新緑や花々が揃い、カラフルな自然を楽しめる時期が始まります。そんな北海道の中で「初夏~秋にオススメしたい観光エリア」として挙げられるのが美瑛町です。例えば「青い池」って聞いたことはありませんか?

 

1度は見ておきたいこの青い池があるのも美瑛町。その他にも丘陵、花畑、滝、山など自然の見どころ満載。今回は美瑛の観光スポットを紹介し、観光モデルコースの提言という内容になります。よろしければ最後までお付き合いのほどを!

 

 

青い池

青い池があるのは旭川市から20kmほど南に下った美瑛町。中心部から道道966号線を南東に約16kmずーっと進むと左手に現れます。一本道ですし案内板もあるので迷うことはほぼないでしょうが、結構遠いです。 

 

2018年10月にリニューアル

青い池周辺の設備がすっかり綺麗になりました。道の駅が新設され、道路も新しく敷かれ、以前は砂利だった駐車場がアスファルトに!

 

綺麗なトイレを完備で漏れそうな時も安心!売店も併設で餓える心配もなし!

 

このように観光客の受け入れ体制が万全となった青い池がこちら!

 

青い

 

この日は一面のくもり空。なのにこの青さです。左のほうに視線をずらしても・・・

 

青い

 

当然ですが、晴れている日ならばもっと青いです。

 

青い池が青い理由

青い池の源流である白ひげの滝と美瑛川の水が混ざると、含まれている鉱物成分が反応して目に見えない粒子が出来ます。その粒子に太陽光が当たると波長の関係で青く見える。という原理です。つまり青い池の水自体は青くないのです。

 

逆に言うと粒子が出来ないと青く見えないということです。つまり、雨水や雪解け水で成分濃度が薄まると青く見えない!なので4月頃や土砂降りの日に行っても綺麗な青さへの期待度は下がります。 

 

青い池のシーズン

【5月~7月】青色

【8月頃~秋】エメラルド色

【冬季間】積雪ライトアップ

 

青色の時期を過ぎると水の成分の変化でエメラルド色に近づいていくそうです。(知らなかった…)

青い池

住所

北海道上川郡美瑛町字白金

入場料

無料

所要時間

30分

駐車場

自家用車500円・二輪車100円
5月~10月|7:00~19:00

11月~4月|8:00~21:30 

 

 

白ひげの滝

青い池から車で約5分さらに南東へ、セットで見ておいたほうが良いのが白ひげの滝です。前述した青い池の源流となる場所がここで、美瑛川に架かる橋の上から見ることができます。駐車場は橋の前か白金温泉(徒歩2分)を利用。

 

岩盤地層の間から湧き出ている小さな滝ですが、酸性水質のため白っぽい色をしています。これが美瑛川の水と混ざるとご覧の通り青い!撮影時は秋口だったため少しエメラルドがかっています。

 

よく見ると川が青い部分と透明な部分があることがわかります。美瑛川自体はそもそも無色透明。そこに白ひげの滝が混ざってこの青さが生まれる、というのがここではっきりと視認できます。

 

混ざって青くなった川の水がそのまま下流の青い池に流れ込んで行くというわけです。ここは紅葉の時期も綺麗に見えるポイントですよ。

白ひげの滝

住所

北海道上川郡美瑛町字白金

入場料

無料

所要時間

15分

駐車場

無料

 

 

十勝岳望岳台

白ひげの滝から車で5分ほど、十勝岳登山の入口の1つです。麓から十勝岳や美瑛岳などを見上げる良い眺望とちょっと荒廃した火山感をお手軽に楽しめます。

 

望岳台も紅葉が綺麗な場所で、秋には赤や黄色が混ざりあった色づきを見せます。ちなみに北海道の紅葉は、赤よりも黄色が鮮やかで綺麗というのが主となります。

 

2016年には駐車場に防災シェルターが新しく整備され、トイレ・休憩所・自販機が設置されています。24時間利用可能なので登山待機組にも助かる施設。

十勝岳望岳台

住所

北海道上川郡美瑛町字白金

入場料

無料

所要時間

20~30分

駐車場

無料

 

 

四季彩の丘

山側から離脱して市街地方面に戻ります。青い池から車で約20分ほどに位置する丘陵に作られたフォトジェニックな花畑、四季彩の丘です。

 

入園料

以前は1年を通して1人200円の協力金を募る形で運営されていましたが、2021年から7~9月の花畑最盛期のみ「高校生以上500円・小中学生300円」に変更となっています。

 

丘陵地帯に広がる花畑

季節ごとに様々な花が咲き、斜面にカラフルなグラデーションが現れます。このうねった形状が良い!見頃は6月下旬~9月、中でも7月上旬前後が一番花の多い時期です。

 

アトラクション

【トラクターバス】園内1周15分

小・中学生300円 / 高校生以上500円 / 小学生未満は無料

 

【バキー】コース1周約1km

1人用500円 / 2人用800円

 

【アルパカ牧場】

柵に囲まれて外からは見えないようになっています。隙間から中の様子を覗くのも禁止だそうです。

 

売店とレストラン

売店では特産品や軽食などを販売、メロンやトマトをその場で食べられるようです。レストランではスープカレーや鹿肉ジンギスカンなどの北海道メニューもあります。

 

駐車場

駐車場は7~9月の間だけ有料(1回500円)になりました。以前は無料でしたが、だいぶ観光客が増えた結果でしょうね。※隣接のうどん店「麦彩りの丘」で食事をすると無料

四季彩の丘

住所

北海道上川郡美瑛町新星第3

営業時間

4月・5月・10月|9:00~17:00

6月〜9月|8:30~18:00
11月・3月|9:00~16:30
12月~2月|9:00~16:00

定休日

年中無休

入場料

7月~9月|500円

それ以外|無料(協力金200円) 

所要時間

1時間程度

駐車場

無料(7~9月は500円)
公式URL https://www.shikisainooka.jp

 

 

美瑛観光モデルコース

上記で紹介した場所以外も含め、美瑛観光が初めての人向けに「このあたりを回っておけば美瑛はOKだなコース」の提言です。効率的な順序で並べましたが逆周りでもOK。

  1. ジェットコースターの路
  2. 四季彩の丘
  3. 青い池
  4. 白ひげの滝
  5. 十勝岳望岳台
  6. ブランルージュ(昼食)
  7. セブンスターの木(パッチワークの丘)
  8. ぜるぶの丘

 

これでおよそ5時間のコース(食事時間別)になります。美瑛には他にも2つの「道の駅」や新千歳空港でコーンパンが人気の「美瑛選果」などもあります。じっくり見て回ると思った以上に時間が必要な場所なのでうまくコース組みしてください。

 

食事にはイチオシのブランルージュを組み込んでおきました。是非絶品メニューをご賞味あれ!ブランルージュの紹介ブログはこちら

関連記事
最新の記事
鷲羽山山頂展望台|瀬戸大橋を間近で見下ろしながら一望【岡山観光スポット】
>> 続きを読む

快活CLUB鍵付き完全個室の店舗別満足度マップ
>> 続きを読む

快活CLUBの鍵付防音完全個室は安い&快適で旅の味方
>> 続きを読む

井山宝福寺|雪舟が修行したフォトジェニックな寺院【岡山観光スポット】
>> 続きを読む

吉備津神社|フォトジェニックな回廊と特殊な本殿の吉備国総鎮守【岡山観光スポット】
>> 続きを読む



日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。