· 

青い池と四季彩の丘|美瑛観光モデルコースを提案【北海道観光スポット】

北海道旅行に行くならいつがいい?とよく聞かれます。

6月中旬~7月上旬の初夏!と答えています。

その理由は北海道が冬を抜けてやっとカラフルな自然になるから。

 

そんな色気があり、かつ北海道旅行で1度は見ておくと良いスポットの1つが青い池です。

「青い池」をご覧になりますか?

 

チラッ

 

 

 

青い池

青い池があるのは旭川市から20kmほど南に下った美瑛町。

その美瑛町中心部から道道966号線を南東に約16kmずーっと進むと左手に現れます。

一本道ですし案内板もあるので迷うことはほぼないでしょうが、結構遠いです。

 

2018年10月にリニューアル

青い池周辺の設備がすっかり綺麗になりました。

道の駅が新設され、道路も新しく敷かれ、砂利だった駐車場がアスファルトに!

 

綺麗なトイレを完備で漏れそうな時も安心!

売店も併設で餓死の心配もなし!

 

このように観光客の受け入れ体制が万全となった青い池がこちら!

 

 

青い

この日は一面のくもり空。なのにこの青さです。

左のほうに視線をずらしても・・・

 

青い

当然ですが、晴れている日ならばもっと青いです。

 

 

青い池が青い理由

細かいことは省略して簡単に説明しますと・・・まず水自体は青くありません。

白ひげの滝と美瑛川の水が混ざると、含まれている鉱物成分が反応して目に見えない粒子が出来ます。

その粒子に太陽光が当たると波長の関係で青く見える。

 

という原理です。

逆に言うと粒子が出来ないと青くなりません。

つまり、雨水や雪解け水で成分濃度が薄まると青く見えない!

なので4月頃や土砂降りの日に行っても綺麗な青さへの期待度は下がります。

 

青い池のシーズン

【5月~7月】青色

【8月頃~秋】エメラルド色

【冬季間】積雪ライトアップ

 

青色の時期を過ぎると水の成分の変化でエメラルド色に近づいていくそうです。

(知らなかった・・・)


青い池

住所

北海道上川郡美瑛町字白金

入場料

無料

駐車場

無料


 

青い池は1度は見たほうが良いと言ったものの、所要時間15分もあれば片付いてしまいます。

もう少し観光のボリュームが欲しいですよね?

では青い池から車で約20分、市街地側に戻って四季彩の丘はいかがですか?

その前に山の方に向かって十勝岳望岳台に行くのもありです。

 

 

四季彩の丘

入園料は基本的に無料

しかし、1人200円の協力金を募っています。

あくまでお願いなので自主的に箱の中にお金を入れる形式、僕はもちろん入れましたよ。

外国人の方々は日本語が読めないのもあってほぼスルーですね。

丘陵地帯に広がる花畑

季節ごとに様々な花が咲き、斜面にカラフルなグラデーションが現れます。

このうねった形状が良い!

見頃は6月下旬~9月、中でも7月上旬前後が一番花の多い時期です。

アトラクション

【トラクターバス】園内1周15分

小・中学生300円 / 高校生以上500円 / 小学生未満は無料

 

【バキー】コース1周約1km

1人用500円 / 2人用800円

 

【アルパカ牧場】

柵に囲まれて外からは見えないようになっています。

隙間から中の様子を覗くのも禁止だそうです。

売店とレストラン

売店では特産品や軽食などを販売、メロンやトマトをその場で食べられるようです。

レストランではスープカレーや鹿肉ジンギスカンなどの北海道メニューもあります。

駐車場

駐車場は7~9月の間だけ有料(1回500円)になりました。

※隣接のうどん店「麦彩りの丘」で食事をすると無料

以前は無料でしたが、だいぶ観光客が増えた結果でしょうね。


四季彩の丘

住所

北海道上川郡美瑛町新星第3

営業時間

6〜9月 / 8:30~18:00
季節によって変動あり

定休日

年中無休

入場料

無料(協力金200円) 

駐車場

無料(7~9月は500円)
公式URL https://www.shikisainooka.jp


美瑛観光モデルコース

初めての人向けに僕が考える「このあたりを回っておけば美瑛はOKだなコース」です。

効率的な順序で並べましたが逆周りでもOK。

  1. ジェットコースターの路
  2. 四季彩の丘
  3. 青い池
  4. 十勝岳望岳台
  5. ブランルージュ(昼食)
  6. セブンスターの木(パッチワークの丘)
  7. ぜるぶの丘

 

これでおよそ5時間コース(食事時間別)です。

美瑛には他にも2つの「道の駅」や新千歳空港でコーンパンが人気の「美瑛選果」などもあります。

じっくり見て回ると思った以上に時間が必要な場所なのでうまくコース組みしてください。

 

食事にはイチオシのブランルージュを組み込んでおきました。

是非絶品メニューをご賞味あれ!ブランルージュの紹介ブログはこちら

 

日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。