· 

竹島水族館は創意工夫で大人気スポットだった!愛知県の竹島観光

若干ややこしそうな名前の場所ですがここは愛知県蒲郡市、至って平和な竹島ですよ。予備知識がほぼ0の状態でなんとなーく竹島周辺を観光しようと行ってみましたが、これがなかなかの人気スポットでしたよ!

 

橋でつながっているこんもりとした島、あれが竹島です。あんな立派な橋を架けるなんてあの島には一体何が!?

 

約400メートルもある橋を渡って行ってみましょう、竹島へ。

 

竹島に差し掛かる所に鳥居が建っています。けれど、何か低い??

 

と思って海面をみると鳥居が橋をまたぐ形に立っているのです。これはなかなか珍しい。

 

 

橋をわたって海辺に降りてみると貝殻がたくさん。この海は貝が多く生息しているようですが、竹島での潮干狩りは禁止されていましたのでご注意を!

 

 

八百富神社

この竹島は何がある島?鳥居でお気づきの通り、神社の島でした。 ここに建つのは八百富神社。階段を登って本殿へと向かいます。 

 

イケメン狛犬

ここの狛犬は非常に凛々しい。狛犬界のイケメンでしょうこれは!? 

 

2分ほど階段を登れば本殿到着。 この神社の御祭神は市杵島姫命、つまり水の神様である弁天様(弁財天)。

 

イケメン狛犬Ⅱ

八百富神社本殿の横を少し先に進むと八大龍神社というのが見えてきますが、ここの狛犬もまたイケメン。キリッとした勇ましい表情で鞠と子狛犬を踏んでいる~。

 

帰りの参道は海を見ながら島をぐるっと回る道となります。晴れていればいい景色だったでしょうねぇ。 

 

橋を渡り戻ってきてから気づいたことがあります。八百富神社は橋を渡る前の陸地から始まっていたのです! 

 

先にこっちから参拝しておくべきでした。。。

 

 

駐車場

竹島への橋の手前にある竹島園地駐車場は平日無料。しかし土日祝は300円となるので、休日に利用するならば竹島水族館の隣「竹島ベイパーク駐車場」が無料でおすすめ。台数も多く、路面整備もされています。

 

 

続いて竹島水族館に行ってみます。水族館前には無料駐車場がありますが、台数が少ないので前述した竹島ベイパーク駐車場を利用すると良いでしょう。

 

 

竹島水族館

外観のパッと見からB級スポット、いわゆるパラダイス的なところ想像していた僕をお許し下さい。とんでもねぇ人気スポットだったじゃないか!!

 

お昼前の段階では並んでいなかったのに、午後1時半になるとご覧の通りチケット購入のために列が。3連休初日の土曜日なのでやはり家族連れが非常に多い!

 

というかボッチで来てたの僕だけじゃなかろうか・・・・。

 

入館してみるとさらにすごい人です。水族館の規模としては決して大きくないので館内はギュウギュウです。展示を見るのにも列に並びつつの大変さ。

 

しかし展示を見てその人気の理由がわかった気がします。

 

丁寧でわかりやすい説明書き

生物についての知識を絵を用いて柔らかく伝えています。

 

 

見せ方も面白い
土管ハウス

ウツボの家だそうですが、これだけ密集しているとすこし不気味ですね・・・。

  

水槽内にマンション

発泡スチロール筋で建造しました。

 

住人の名前が平仮名とカタカナに分かれているのが気になります。

 

インスタ映え水槽

うまく撮影すれば・・・なんだかいけそうな気がする綺麗な色味の水槽。 

 

しかし自分にはこれが限界だった…。

 

ちょっと珍しい生物も

海洋生物界の風太くんことチンアナゴがニョキ。

 

生きる化石のカブトガニ

 

 

触れるコーナー

ここも充実していてグソクムシやタカアシガニなど様々な生物に触れちゃいます。これにはもう子供たちが大はしゃぎですよ。

 

大人になってしまった自分は触るのに抵抗が…、幼少期は虫とか触りまくっていたのに。

 

 

中でも人気はアシカショー

土日祝のみの開催ですが、すごい人間密度でほぼまともに見れませんでした。収容人数が推定200人もないくらいの狭さだというのがネックでしょうね。 

 

 

安くて面白いぞ竹島水族館

あまりの人の密度に負けてさらっとしか見ないで出てしまいましたが、竹島水族館は面白いと思います。特にいいと思ったのが手書きの解説と触れるコーナー!

 

是非みなさんも行ってみて下さい、なかなかここまでの水族館ってないと思います。ただし土日祝の混雑はある程度覚悟していったほうがいいです。入館料が安くて気軽に行けるのも人気の一因でしょうね。

竹島水族館

住所

愛知県蒲郡市竹島町1-6

営業時間

9:00~17:00

定休日

火曜日(祝日の場合は翌日)

料金

大人500円 / 小中学生200円

駐車場

無料
公式URL http://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/
関連記事
最新の記事
桜の越前大野城と雲海で天空の城撮影に挑む【福井観光スポット】
>> 続きを読む

竹田城跡と立雲峡|天空の城と雲海を拝む撮影スポット【兵庫観光スポット】
>> 続きを読む

カンパーナ六花亭|ロケーション抜群!限定品はふらの餅・富良野あんころ【北海道・富良野グルメ】
>> 続きを読む

豊平峡ダム|アーチ式ダムと紅葉が美しい癒やしスポット【北海道観光】
>> 続きを読む

初心者が十勝岳を目指して上富良野岳~上ホロカメットク登山【北海道観光スポット】
>> 続きを読む



日本全国おすすめスポットが色々!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。