· 

夕陽も綺麗!釧路湿原を一望できる細岡展望台

おそらく釧路近郊で一番の観光スポットであるのが釧路湿原。

釧路市の北側に広がる広大な湿地帯で、約4000年前までは海でしたが3000年前に水が引いてできた場所です。

 

カヌーで川下り、遊歩道散策、ノロッコ号列車、展望台など釧路湿原を楽しみ方は色々あります。

その中で一望するという点でおすすめなのが細岡展望台です。

 

細岡展望台

【営業時間】 24時間だが夜は真っ暗
【駐車場】 ビジターセンター利用(無料) 
【交通】 車もしくはJR釧路湿原駅下車

車でのアクセス

 

釧路市街から向かうには国道391号線を北上します。

達古武というところにある「ホクチクファーム」の交差点で左折します。

交差点手前には「←細岡展望台」の道路看板もあります。

 

 

達古武沼を右手に見ながら進んでいくと

道が細くなり・・・砂利道になりますが・・・大丈夫!

道なりに進んで下さい。

 

するとビジターセンターが左手に出てきますのでもう安心。

細岡展望台はもう少し先なのですが砂利道になります。

展望台入口付近にも路上駐車可能ですがスペースもそんなに広くありません。

ビジターセンターの駐車場に駐めて歩いて行くのが無難です。

 


 

 

 

展望台からの夕陽

 

砂利道を進んでいくと右手に展望台の看板があります。

ここが入り口となります。

 

 

 

100mほど進むと展望台と広がる釧路湿原の登場。

夕陽時に合わせてくる観光客が多い印象です。

 

 

 

湿原の奥には雄阿寒岳や雌阿寒岳の山々も見えます。

 

 

 

海側方向の釧路湿原

 

 

 

山側方向の釧路湿原

 

 

 

だいぶ日が落ちてきました。

 

 

 

蛇行する川に反射する夕陽

 

 

 

夕陽タイムのパノラマ撮影動画です。

(画質は自動再生だと360pになると思うので設定で720pか1080pに変更推奨です)

 

 

 

釧路湿原駅

 

展望台の近くには釧路湿原駅もあり待合室がログハウス。

中にはジュースの自販機もあります。

 

 

 

駅に来ても特に景色がいいというわけではありません。

が、ログハウスの駅舎となんとなくな風情を感じに来るのもありだと思います!

ただこの路線に乗られる方は鹿との衝突で遅延することもあるので注意です。

ノロッコ号に乗られた場合はここを通過しますよー。

 

 

次回は東に向かいます。