· 

蓬莱門|干潮時だけ歩いて行ける奇岩の門【おすすめスポット】

北海道室蘭市に海上から見ることのできる神秘的な石門があるのをご存知ですか?

満潮時には小舟が通ることのできるほどの空洞がある奇岩の名は「蓬莱門」

実は特定条件時のみここに歩いていく方法があるのです。

 


 

 

蓬莱門へ歩いて行ける条件

 

【条件1:日が沈む前】

明かりなどは一切ないので夜間はおすすめしません。

足場が悪いので危険です!

 

【条件2:天気が荒れていない時】

強風や波が高い日は言うまでもなく危険!

雨天時も滑りやすいので避けたほうがよし。

 

【条件3:大潮付近の干潮時】

潮位が40cm未満だと歩いて行けるという情報もあります。

しかし実際に行ってみた経験としては30cm未満、できれば20cm未満が推奨です。

※撮影時は干潮で水位14cmというのを参考にご覧ください。

 

以上の条件を満たせば安全に見に行くことも可能です。

 

 

 

蓬莱門への行き方

 

まず前提として十分に気をつけてください!

トイレは行く前に済ませてください!!

 

蓬莱門へは地図にない道を進むことになります。

ここでしっかりと解説していきますね。

 

 

まずは夢の森という場所を目指す

ここまでは地図で検索すれば出ますよ。

 


 

 

奥へと続く砂利道があるので進む

看板の右手方向になります。

 

 

 

車止めゲートに突き当たる

車はその手前の空き地に駐車、ここからは徒歩になります。

 

 

 

ゲートの先を下って海岸へ

密漁禁止ののぼりがはためくゲートを越えて進むと・・・

段々と道が狭くなっていき・・・本当にこの道であっているのだろうか・・・

と不安になりますがこの道です。

 

  

急な下りになったところで命綱が張られています。

これが本当に助かる存在。

 

 

 

歩き始めて10分ほどで漁師さんが使っていたらしい小屋の横に出ます。

※この小屋は帰り道の目印として重要!

 

 

小屋の目の前はもう海岸線。

空は晴れているのにこの付近の海だけ霧に・・・!

 

 

 

海岸に出たら左へ進む

大きめの石で埋め尽くされる海岸線は歩きにくい!

滑らないけど不安定。

さらに、蓬莱門の方向はより濃い霧が・・・。

 

 

 

左を見れば層状の岩壁。

こいつが風化して崩れ、足場の石となっているようです。

 

右を見れば小型の漁師舟。

密漁ではないですよ、多分。

 

 

ほどなく見えてくる岩と岩の隙間。

あの奥に何か空洞が見える、あれが蓬莱門!?

 

 

 

ここまでは一切濡れずに歩ける道のり。

しかしここで最後の難関が!

 

 

このあたりは潮が引いていないと海の中ゾーン。

端の方をゆっくり歩き・・・靴の中までは濡れないように渡り切る。

ここまで来ると潮は引いていても水の残りはちらほら。

 

 

ついにお目見え蓬莱門

 

特徴的な岩肌と霧が相まってより幻想的な光景に。

駐車場からここまで約20分の道のりでした。

 

 

 

陸地の方はやっぱり晴れているけれどここは霧。

 

 

できる限り近づいてみます。

見事なミルフィーユ層、でも右3割くらいは岩質が違う??

 

 

満潮時はこの穴の中を舟で通れるようです。

そういうツアーもあるらしいですよ。

 

 

 

門の手前に幅1m弱ほどの川のような海があって門にタッチまではできず。

 

 

 

長靴を履いていればもしや・・・!

いや深くて厳しいだろうなぁ。

 

これで潮位14cmですから30cmくらいになるとかなり足場が限られそう。

40cmになるとこのあたりはほぼ水に浸かるかと。

そうなると最低でも長靴、下手すりゃウェーダーが必要でしょうし、波を考えると危険も。

 

 

ところでお気づきでしょうか?

海の水が透明なのはもちろん、色味が碧くてとても綺麗ですよ。

 

 

 

周囲を見回してみてもほぼ節理の岩壁。

有珠山の噴火によってできた地層なのでしょうか?

 

 

 

蓬莱門だけではなく、周囲の岩や海も見ごたえがあり一石三鳥。

条件が合えば抜群の景勝地です。

 

しかし観光地しての整備は難しいでしょうし、整備して欲しくないとも思います。

この自然のままの、綺麗なままの景勝地でありますよーに。

 

 

なんてことを思っていたらもう20分以上滞在してた。

潮が満ちてくる前に退散です。

 

 

帰り道が霧で包まれた・・・!

 

 

 

蓬莱門ポイント

  • 所要時間は往復40分+見学時間
  • 足場が悪いので歩きやすく濡れにくい靴で
    (長靴は長靴で歩きにくい)
  • 転ぶと岩で肌を切る可能性が高いのでそれなりの服装を
  • ほとんど人目に触れない場所なので事故にはくれぐれも注意!
  • 可能なら複数人行動を推奨
  • 携帯の電波は微弱ながらあり

 

絶景で是非ともおすすめしたいスポットでありますが・・・

くれぐれも注意して自己責任だと強く理解した上で行ってみてください!

 

 

よい景色を!!

 

今回の観光スポット以外にも良い・面白いスポットはたくさん!

グルメ&観光ガイドMap では全国の「おすすめグルメ」と「観光スポット」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。