· 

シラフラ|全長500m!圧巻の白壁海岸線を歩く(近道)【北海道観光スポット】

海岸線に連なる白い岩壁、奥には数多の風車がそびえて見えるこの絶景は!?

 

ここは北海道南部の乙部町にある滝瀬海岸、通称「シラフラ(アイヌ語で白い傾斜地)」と呼ばれる海岸線。海岸線沿いに江差町から乙部町入った直後から長さ約500m・高さ約15mというこの白壁の光景が始まります。

 

訪問時は薄く雲が出た日没少し前なのにこの白さです。晴れている日中ならばもっと白さが際立ち、抑えめに言ってもかなりすごい光景なのは間違いなし。

2つのアクセス方法

一般的なアクセス

シラフラの少し北にある「くぐり岩」から歩いて行くのが一般的なルートです。くぐり岩もちょっと変わった観光ポイントなので詳細をこちらで紹介しています。

 

くぐり岩の手前には5台ほど駐車場が完備完備。ここに車を駐めて歩いてシラフラまで約700mを歩くというルートになります。

 

グーグルストリートビューでもシラフラの海岸線を見ることができ、撮影はここから歩いて行ったようです。駐車場からシラフラまで700mとすると往復で1.4km、さらにシラフラの全長も500mあるので全部合わせると2km強、しかも砂浜を歩くことになります。

 

これは結構時間もかかるし大変ですよ!?そこで駐車場からシラフラまで数十mの別ルートはいかがですか?

近道のアクセス

江差町と乙部町の境界線付近の江差側からアクセスする方法。国道229号線から小道に入って進んで下の地図のシラフラを目指すのですが、案内などはないので少しわかりづらいのが難点。なので順を追ってルートを解説していきます。

  1. まず国道から小道に入る場所を見つけるのが最重要ポイント!その入口は下のストリートビューの地点で、そこから民家の前を通る小道を進みます
  1. 突き当りまで進んでいくと駐車できるスペースがあるのでここからは徒歩
  1. 階段を降りて砂浜へ
  1. 振り返ると目の前がシラフラの南端

 

ご覧の通り辿り着くまでにほぼ歩きません。片道700m歩くよりもこちらのルートのほうが断然楽です。

 

しかし1点だけ問題!

それはシラフラまでの道を遮るこの小川を超えないとならないということです。ちなみにこの小川が乙部町と江差町の境界線、この関所を越えずしてシラフラには辿りつけぬ。

 

流れが早いというわけでもないので簡単に渡れますが、靴が浸水する覚悟は必要です。ジャンプして超えれば!?って僕も考えましたが段差や川幅があるので厳しい。なのでサンダル、靴を脱ぐなど足元が濡れてもいいように準備をしてください。

 

 

シラフラの海岸線を歩く

連なる白壁海岸線

川さえ超えれば勝ったも同然、圧巻たる全長500m・高さ15mの白い壁地帯がスタート!夕方で白さが少し弱いのが惜しい…せめて夕焼けしていれば壁も赤く染まったのに…。

 

岩壁を近くで見ると真っ白ではなく黒ずんだ部分があり、さらにじっくり見てみると小石やらが色々混じっています。

 

シラフラの成分は火山堆積物・貝殻・珪藻類で、それが隆起して出来た台地の壁だそうです。なるほど通りで珪藻土マットに色味が似ているわけだ!💡

 

ところどころに壁が溶け出ているような場所があります。

 

壁の中から大きめの石が飛び出ようとしている…ってことは壁が風化・侵食で削られていっている!?

 

シラフラを指で触ってみると簡単にポロポロと…これは波や風雨によって結構削られていきそう。溶け出ているようになっているのも納得です。

 

でもシラフラはまだまだ元気にそそり立っています!この綺麗にそそり立った姿が美しい。人と比べると高さのほどがわかりやすいかと。

シラフラの北端まで約10分

南側より北側のほうが壁が整っていて綺麗な感じがあります。色味も南側と北側では少し違うので、すぐに引き返さずに中間地点くらいまでは歩いてみるのをおすすめしますよ。

 

文頭の写真を撮った場所が台地の上にある展望台からの写真になります。(展望台については後述)

 

ここで振り返ると…すごい景色!快晴だったらインスタでバズる写真が撮れたかもしれないのに残念!

夕陽とシラフラ

日を改めての夕暮れ時に訪れてみると、夕陽でオレンジに染まり始めるシラフラ。条件が良ければもっと赤く染まることも。とにかく晴れのならばすごく映える海岸線なのです。

シラフラ展望台

シラフラの北端から南に向かって一望できるスペースも用意されています。

 

ここからの眺めも良く、緑・白・青のコントラストが美しい。シラフラ見学の際は展望台もお忘れなく!

動画とまとめ

 

北海道にはいくつもの絶景がありますが、シラフラは見ておくべきポイントの1つとして太鼓判を押しておきます!この異質な光景は道南地方でトップクラスの景勝地だと思いますよ。訪れる時が晴れることを願いましょう!

シラフラ(滝瀬海岸)

住所

北海道爾志郡乙部町字滝瀬

料金

無料 

駐車場

無料
関連記事
道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

羊蹄山を眺めるならここ!ぐるり一周ビュースポット探し【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【2023年】定山渓温泉雪灯路の開催概要と現地レポート(日程・駐車場など)
>> 続きを読む

【2022-2023年】星野リゾートトマム・アイスヴィレッジは冬限定の異空間【北海道観光スポット】
>> 続きを読む

【2023年】支笏湖氷濤まつり開催概要(日程・駐車場・防寒など)
>> 続きを読む

最新の記事
おかしの館のあくつ|圧倒的安価で評判の洋菓子店【北海道・帯広グルメ】
>> 続きを読む

【2022-2023年】時之栖 ひかりのすみか|550万球のイルミネーションと高さ150mの噴水
>> 続きを読む

【解説】トリフィートホテル&ポッドニセコに宿泊体験
>> 続きを読む

道の駅おとふけ|リニューアルでなつぞら!?十勝の人気観光スポットに
>> 続きを読む

カレーハウスアパッチ|帯広の老舗カレーはインデアンだけじゃない!【北海道グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索