· 

しらかば茶屋|鶏味たっぷりのとりめしとラーメン【北海道・美唄グルメ】

北海道美唄市のソウルフードは「焼き鳥・とりめし・袋焼きそば」が三種の神器。美唄焼き鳥(もつ串)は安くて美味しいが特徴。袋焼きそばはノスタルジックなおやつ感覚。では、とりめしは?

 

美唄の焼き鳥も袋焼きそばも実食済みですが、とりめしだけは未体験。ならば有名店「しらかば茶屋」でとりめしを食べて魂を感じてみようではありませんか!

 

 

しらかば茶屋

国道12号線の日本一長い直線道路29.2kmの途中にあるドライブインしらかば茶屋。札幌と旭川のほぼ中間地点です。2010年にリニューアルされたらしく、昔ながらのドライブインという面影はほぼありません。茶屋という名ですがスイーツはありません。

 

 

座席

店内は小上がり席とテーブル席があるので小さなお子さん連れの方には便利。小上がりの座布団の上に赤ちゃんを寝かせておける上、ウォーターサーバー設置で赤ちゃんのミルクを作れますとの案内まである親切さ。

 

 

メニュー

とりめしが名物ですがラーメンも評判が高く、一番人気はとりめし+塩ラーメンのセットだそうです。テイクアウト用のとりめし弁当もありますよ。

 

 

塩ラーメンセット 950円

とりめしは大きめサイズの茶碗で結構量があります。そこに普通サイズのラーメンと漬物が付いてくる!これは女性にとっては量が多いくらいだと思われます。

 

塩ラーメン

具材は「ねぎ・メンマ・チャーシュー・ゆで卵・麩・うずまきなると」というTHE・昔ながらの見た目。久々になるとが入ったラーメンに出会いました。

 

スープを飲んでみると・・・鶏!あっさりしてそうな見た目ですが、鶏の油と旨味と香りがかなりしっかりと出ています。塩気はやや強めだけど美味しい。これはかなり好きなタイプです。

 

麺は縮れの入った白っぽい低加水麺。旭川ラーメンっぽいタイプだなーと思ったら製麺所は旭川でした。スープを吸いやすいので早めに食べないと伸びてしまう。

 

メンマは大きめで薄い味付けで好みのタイプ。ですがチャーシューはモソモソとした部位でいまいち。麩はこのスープに合う!

 

とりめし

鶏ガラと野菜を7時間じっくり煮込んで取ったスープで炊いたという鶏めしです。具材は鶏肉と玉ねぎのみというシンプルさ!

 

とりめしも油分が結構しっかりでご飯をツヤツヤにコーティングされ、鶏の旨味を感じます。しかし自分には少し甘すぎる。鶏とか玉ねぎの甘さを超えて、みりんとか九州醤油のような甘さです。味付けが薄めという口コミも見かけますが、自分は濃い目だと思うんだよなぁ。

 

ただこの甘いとりめしはラーメンスープにマッチする!とりめしで甘くなった口にスープを含むと、おーーこれが合う。麺よりとりめしのほうがスープと相性がいいのではというくらいこの組み合わせがいい。でもスープを飲みすぎると喉が渇く!

 

 

完売に注意

この日は平日なのにも関わらず17時前にとりめしが完売、閉店時刻の3時間も前に閉店となっていました。危うくもう少し遅かったら食べられないところだった…。どうやら夕飯として行くには危険な人気のようですね。

しらかば茶屋

住所

北海道美唄市茶志内3区

営業時間

4月~10月|11:00~20:00
11月~3月|11:00~19:00

定休日

第1・3・5火曜

駐車場

店前に20台ほど
関連記事
最新の記事
とさを商店|中日そば=しらすの茹で汁和風ラーメン=ソウルフード【高知・香南グルメ】
>> 続きを読む

お松大権現|招き猫が1万体以上!猫神様各位が大集合の猫神社【徳島観光スポット】
>> 続きを読む

手結港可動橋|まるで壁のようにそそり立つ橋【高知観光スポット】
>> 続きを読む

海の駅 東洋町|新鮮で格安の地物海鮮をオリジナル定食にしてもらう【高知グルメ】
>> 続きを読む

はちや|地域に愛される100円焼きいもとソフトクリームの店【北海道・札幌グルメ】
>> 続きを読む

サイト内検索


今回のグルメ以外にもおすすめグルメはたくさん!

グルメ&観光ガイドMapでは全国の「観光スポット」と「おすすめグルメ」の一覧を掲載中。

よければ旅行の参考にしてみてください。