· 

【2022年開催】とかちマルシェ開催概要と現地レポート

帯広市で毎年9月頭に開催されていた十勝最大の食と音楽のイベント「とかちマルシェ」が3年ぶりに復活します。新型コロナウイルスの影響で2020年・2021年と現地での開催が中止となっていましたが2022年は開催予定!

 

十勝エリアの飲食店・自治体が中心となり、2018年には130店以上の出店数、延べ10万人以上が来場という規模にまで成長した夏の終わりを楽しむグルメフェス。ここではとかちマルシェの開催概要「日程・時間・場所・駐車場など」や現地レポート「実際の状況・商品・おすすめなど」をお伝えしていきます。

2022年 開催概要

期間

2022年9月2日(金)~9月4日(日)

 

時間

9月2日|17:00~21:00

9月3日|10:00~21:00

9月4日|10:00~16:00

 

会場

JR帯広駅北口・南口・とかちプラザ・南公園(要するに帯広駅前です)

 

駐車場

現時点で2022年の駐車場については未発表ですが、例年通りならば市役所南側駐車場と帯広競馬場南側駐車場(シャトルバスあり)が無料で開放されます。詳細は公式情報が確定してから更新いたします。

 

とかちマルシェ公式サイト

https://tokachimarche.com

 

 

現地レポート

以下は新型コロナウイルス前の最後の開催となった「とかちマルシェ2019」の内容となります。会場を詳細に掲載していくとかなり長く…、なので割愛してお伝えしていきます。実際はこれの10倍以上の規模だと思ってご覧ください。

 

JR帯広駅南側会場

帯広駅南口広場・とかちプラザ(建物内含む)・南公園の隣接する3箇所が、歩行者天国よってつながった1つの会場となります。

 

北側よりもスペースが広く出店数も多いため、食のメインとなるのは南側でしょう。テーブルと椅子も各所に設置され、屋根付きの席も用意されているので雨天でも大丈夫。

 

さて、どんなグルメが待っているのか?出店数が多くてジャンルも幅広いため、ご当地感のあるものを中心にごく一部だけピックアップしていきます。

 

いまや帯広グルメの代表格とも言える豚丼は、豚肉に甘辛いタレをぬって炭火で焼くのが帯広スタイル。牛とろ丼は牛肉を細かく砕いたフレークが口の中で溶ける美味しさ、食べる機会も少ないでしょうし一度試していただきたい!

 

北海道内でもまだ広くは出回っていないトウモロコシの品種「恵味ゴールド」を発見!皮が薄くプリッとした食感で、糖度が高くて甘みが強いのにコクがあるのが特徴の高級トウモロコシです。

 

十勝牛と十勝豚の串焼き。さらには北海道の郷土料理「いももち」もあります。閉店時間が迫ってくるととタイムサービスで値引きとなる店舗もあり。

 

何やらキッチンカーの前に長い行列が出来ている?その数30人近く。この日見た中で一番並んでいたのがこのお店ですが、これは一体何の行列なのだろうか?

 

まさかのベビーカステラ!?柏壱堂…、調べてみました。十勝で唯一の移動式ベビーカステラ専門店で、十勝産小麦(きたほなみ)・中札内たまご・十勝牛乳など十勝産食材を使用しているそうです。

 

自分が食べた料理も一部ご紹介。道産豚のソーセージとジャガイモのラクレットを屋外で食べながらコーラを飲む、間違いようのない至福です。

 

 

JR帯広駅北側会場

駅の北口広場にも20~30店ほどのブースが並びます。南側よりもスペースが狭いため、やや混雑気味。どちらかというと大人向けの構成となっている会場です。

 

ここではステージが設置され、高校生吹奏楽部の演奏から社会人グループまで参加がする音楽フェスタを開催。朝から夜まで音楽が楽しめます。

 

特に夜は良い雰囲気が演出されるのでオススメ。

 

北側会場にも屋根付きのテーブル&椅子席が設置されていますが、数は少なめ。

 

その他、立席として十勝ワイン樽を利用したテーブルも。夜にはキャンドルライトが点灯して雰囲気アップ。

 

マルシェベーカリーでは各店のパン屋がまとめて買えるようです。しかし訪問時にはほぼ在庫なーし。

 

ホテル日航が中札内田舎どりのザンギ、十勝産野菜のスープカレーなどを提供。ホテル料理長の作るスープカレーは気になる存在。

 

陸別町の鹿肉ステーキ!柔らかく脂分の少ない食べやすい鹿肉は赤身肉が好きな人にオススメ。エゾシカの増加問題が取り沙汰されている昨今だけにもっと流通量が増えればと願う存在です。

 

お、だし巻き卵!さらにこれに出汁をかけていただく創作和食店の料理。夏の夜の屋外で食べるだし巻き卵もまた一興。

 

目の前で作られるチーズリゾット。これは視覚的効果がたまらない。

 

代用魚のカペリンではない、本物のシシャモです。一般的なスーパーに並び、普段私達が口にしているのはほとんどが代用魚のカペリン(カラフトシシャモ)なのですよ。

 

本シシャモはカペリンよりも「脂のノリがよくて味が濃く、身が柔らかい」のが特徴。刺身で食べると身がフワッとしています。今回はそれを唐揚げでいただきます。

 

シシャモをモグモグしているその時!隣のテーブルで楽しむお姉さん達の会話がふと耳に飛び込んできます。

『あのナポリタンちょー美味しかったよ!』

 

そのナポリタンがこちら!帯広のお店「ランチョ・エルパソ」が提供していた「昔ながらのナポリタン」です。これまた視覚と嗅覚を刺激してくる。

 

お姉さんがそんなにオススメするなら…。隣席の会話に混ざったわけでもありませんが、勝手にオススメされた気になって食べてみましょう。

 

あーなるほど、これはその名に偽りのないやつだ。トマトケチャップがたっぷりバーンと効いたまさに昔ながらのナポリタンです。言い換えるならば自分で作れそ…、いや言い換えるのはやめておきましょう。でも美味しいですよ。

 

 

とかちマルシェまとめ

この他にも色々なお店、色々な物を堪能しましたが長くなるのでこのあたりで締めとまいりましょう。結論として、「北海道民でも道外からの観光客でも、何かしらの食べたい物は絶対見つかる!」と断言してみます。

 

130店を超えるという出店数はなかなかの見応えで、何があるのかを見て回るだけでも楽しい。さっぽろオータムフェストのように会場が縦長に広いわけではないので、比較的見やすいのも良し。ご当地感のあるお店も多く、十勝が全面に出ています。

 

北口会場の混雑具合はお子さん連れにはちょっと厳しい感じだったので、ファミリーで参加なら南側会場のほうが楽しめるかと思います。音楽を聞きながらお酒を楽しむという楽しみ方なら北口へ。

 

昼ごはんをとかちマルシェで食べてから帯広競馬場に行き、ばんえい競馬を見てから再びとかちマルシェで夕食、という楽しみ方もありですよ?9月の北海道はもう秋、とはいえ帯広は寒暖差の大きい地域なのでくれぐれも熱中症には気をつけて楽しんでください!

関連記事
【2022年開催】秋田竿燈まつりを楽しむためのコツ
>> 続きを読む

【2022年開催】盛岡さんさ踊りを楽しむためのコツ《8月開催》
>> 続きを読む

【2022年開催】五所川原「立佞武多祭り」を楽しむためのコツ
>> 続きを読む

【2022年開催】とかちマルシェ開催概要と現地レポート
>> 続きを読む

【2022年開催】さっぽろオータムフェスト開催概要と現地レポート
>> 続きを読む

最新の記事
ガガニコ食堂|名物500円海鮮丼は売切れ必死!開店直後に行くべし【岩手・大船渡グルメ】
>> 続きを読む

和風レストランとわだ|バラ焼き・パイカ・馬肉を十和田三大グルメに!【青森グルメ】
>> 続きを読む

【2022年開催】秋田竿燈まつりを楽しむためのコツ
>> 続きを読む

【2022年開催】盛岡さんさ踊りを楽しむためのコツ《8月開催》
>> 続きを読む

【2022年開催】五所川原「立佞武多祭り」を楽しむためのコツ
>> 続きを読む

サイト内検索

 

 

豊橋まつりのポイント

1:開催日時

2019年10月19日・20日

19日
 

11:00~16:00

  舞踊三昧(競技・演舞)
  15:00~16:00   子供総踊り
  18:30~20:00   総踊り
20日
 

10:50~15:00

  舞らん行列
  17:30~   総踊りファイナル
2:会場

じかん

3:駐車場

じかん

4:見どころ

 

5:おすすめの観覧場所

 

6:飲食

 

7:トイレ

 

8:その他注意点

 

 

住所

 

営業時間

8:30~17:00

定休日

年中無休

料金

 

駐車場

無料
公式URL  


全国各地のお祭りを季節・地域別に一覧表にまとめました!

現在約3000件の掲載です。

詳細については ❐おまつり情報 をご覧ください。